ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

昨年の上ブレ・強気銘柄から
今年の上昇期待銘柄を探る

吉野貴晶
2010年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月期決算発表シーズンで、注目すべき戦略を取り上げてみよう。

 決算発表で重要な情報は主に2つ。1つ目が2009年度(10年3月期)について会社側が事前に計画していた業績を達成できたかどうかだ。ここでは、達成できた場合を「上ブレ」、できなかった場合を「下ブレ」とする。当然のことながら、上ブレのほうがプラス評価だ。

 2つ目は10年度(11年3月期)の会社側の計画が、事前のアナリスト予想の平均よりも高いか低いかである。ここでは高いケースを「強気」、低い場合は「保守的」とする。会社側の予想が強気であるほうがプラス評価だ。

 ここで「上ブレ・強気」「上ブレ・保守的」「下ブレ・強気」「下ブレ・保守的」の4つに分類し、09年3月期の決算発表の前後の株価推移を観察してみよう。

 図1は発表前(決算発表前日を基準とした5日間)と、図2は発表後(決算発表日を基準とした10日間)である。市場全体の変動を除くため、共に、東証1部全銘柄の平均的な変動を除いてある。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧