ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉田恒のデータが語る為替の法則

「5・6パニック」はセリング・クライマックスか!?
ユーロ売り・米ドル買いの逆回転に注意!

吉田 恒
【第79回】 2010年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー

 5月6日(木)のマーケットは大荒れとなり、たった1日で、米ドル/円が6円、ユーロ/円が10円も暴落するという大パニックが起こりました。

 しかし、それからわずか2営業日後には、米ドル/円、ユーロ/円ともに、ほぼパニック前の水準へと戻ってきました。

 こんなふうに、あっけなく元に戻るのは「パニック相場」の典型的パターンでもあるのです。

「パニック・アナロジー」なら
ユーロは6月に110円割れ!?

 今回以上の「パニック相場」が起こったのは2008年10月24日で、たった1日で、米ドル/円は98円から91円割れへ、ユーロ/円は127円から114円割れへの大暴落となったのです。

 おりしも、個人投資家のFXブームが拡大している最中で起こった出来事だっただけに、「FX史上最悪のパニック」となってしまいました。

 ところが、この「パニック相場」はあっけなく元どおりになったのです。米ドル/円は、今回と同じように、パニックの2営業日後に98円台を回復しました。

 パニックは、いわゆる「セリング・クライマックス」となりました。

 あっという間に元に戻ってしまうといった意味では、今回の「5・6パニック」も、そのパターンどおりの展開になったわけです。

 2008年10月24日と今回でここまで似ているのだから、この先も似た展開が続く可能性はあります。

 2008年の「10・24パニック」後の展開は、はたしてどうだったのでしょうか?

 パニックからわずか2営業日で、元の水準である98円台を回復した米ドル/円でしたが、早くも100円で頭打ちとなりました。

 そしてしばらく一進一退が続いたものの、パニックから約1ヵ月半後の2008年12月中旬に、再び安値更新となったのです。

 さて、今回の「パニック相場」の主役はユーロでしょう。ユーロは5月6日(木)に、たった1日で120円から110円へと暴落したのですが、その2営業日後である5月10日(月)には120円台を回復し、一時は122円まで反発しました。

 「パニック相場」のアナロジー(類似性)からすると、この先のユーロの反発は限られ、1ヵ月半後の6月後半には、この間の安値である110円を割り込んでいくことになるわけですが、果たしてどうでしょうか?

 「パニック相場」のアナロジーがこの先も続くならば、ユーロがまだ底を打っていないということになり、アナロジーがこの先崩れると、ユーロ安がすでに終わったということになります。

 それを見極めるカギは、今回のユーロ危機のきっかけとなっているギリシャ問題を、どの程度深刻に受け止めるかということにあると思います。

記事の続きを読む

世論調査

質問1 株式市場は落ち着きを取り戻した?



>>投票結果を見る
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田 恒 

立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。財務省、日銀のほかワシントン、ニューヨークなど内外にわたり幅広く取材活動を展開。同社代表取締役社長、T&Cホールディングス取締役歴任。緻密なデータ分析に基づき、2007年8月のサブプライムショックによる急激な円高など、何度も大相場を的中させている。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。


吉田恒のデータが語る為替の法則

為替相場には法則がある! 数々の大相場を的中させてきた吉田恒が、豊富な過去データを分析して法則を導き出し、為替の先行きを予想します。

「吉田恒のデータが語る為替の法則」

⇒バックナンバー一覧