ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ベストセラー対談
【第23回】 2015年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
和田裕美 [営業コンサルタント],美崎栄一郎

やりたいことを書くことで、流されない人生になる
『和田裕美の営業手帳』和田裕美×『美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳』美崎栄一郎 対談【後編】

1
nextpage

著者がプロデュースする「キャラクター手帳」には、それぞれの著者の想いがつまっている。行動を見える化して数字をアップさせる『和田裕美の営業手帳』、人生のシナリオを描くことで行動を起こさせる『美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳』はそれぞれ個性やアプローチは違えど、夢を掴むためのツールであることは共通している。スケジュール管理以外で手帳が担う重要な役割とは?(取材・構成/両角晴香 撮影/宇佐見利明)

手帳を書くことは
人生のシナリオを描くこと

美崎 僕は普段、必要なことをざっくり手帳に書くタイプだけど、忙しいときには時間ごとに「ブレイクダウン」するようにしています。打ち合わせは何分で、何の作業に何分かかったかをすべて書き出すんです。

和田 時間の使い方を、細かく分析するということですね。

美崎 新しい仕事を任されたときも、やっておいたほうがいいです。自分のキャパがわからないまま仕事を引き受けてしまうと、結局間に合いませんでした……なんて事態を招きかねない。一度でも書いておけば、事実と予測の差異が見えます。自分のキャパシティが明確になるんです。

和田裕美(わだ・ひろみ)京都府生まれ。作家、営業コンサルタント。人材育成会社「和田裕美事務所」代表。小学生のときから通知表に「もっと積極的にお友だちとお話ししましょう」と書かれ続けたほど引っ込み思案な性格にもかかわらず、上京後は外資系企業の営業職に就く。当初はおどおどして相手の目を見て会話することもままならず、長い間つらく厳しい下積み時代が続いたが、独自の「ファン作り」営業スタイルを構築し、試行錯誤を重ね、徐々にプレゼンしたお客様の98%から契約をもらうまでになる。それによって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた。その経験から「考え方」と「行動」で運命はいくらでも変えられるのだと実感し、自分が行っていた思考パターンを「陽転思考」として確立する。執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開している。女性ビジネス書の先駆けとして大きな反響を呼んだ『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』(ダイヤモンド社)がベストセラーになる。ほかに『人生を好転させる「新・陽転思考」』(ポプラ社)、『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)など著書多数。最新著作は『成約率98%の秘訣』(かんき出版)。

和田 料理でいうと、「塩小さじ1」「砂糖大さじ1」とか見ずに目分量で作るのに美味しいものが作れる人がいて、そういう人は感覚で仕事をすればいいけど、レシピがないとカレーも作れない人は、一度レシピ通りに作ってみないとダメ。そのうち目分量でできるようになれば、そのときはわざわざ書かなくていいということですね。

美崎 その通り。時間ごとに行動を記入するのはフォーマットがないとしんどい作業ですので、フォームがあるのが手帳の魅力なのかなと。ノートに書くのでもいいんだけど、線を引くことからはじめないといけないのでかなり面倒です。

和田 ちゃんと書くことによって自己管理ができるようになって、仕事がスムーズになって、生産性がアップする。手帳は効率のよい行動パターンが身に付きます。

美崎 和田さんが『幸せをつかむ! 時間の使い方』で「自分の時間は自分の寿命」って書いておられたけど本当にそうだな、と。人生は時間ですから仕事とプライベートの時間を徹底的に考えたほうがいいです。仕事だと思って適当なことをして残業すると、プライベートの時間が割かれます。時間を本当に重要だとわかっている人が少ないように思うなあ。

和田 同感です。

美崎 手帳は人生のシナリオです。やりたいことがあれば手帳に書き込めばいい。あとはそのシナリオ通りに行動すればいいだけです。書かないことには実行されませんし、流されたままの人生になります。反対にやりたくないことや会いたくない人は予定に組み込まなければいい。

和田 意思によって人生を動かしている感じですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


和田裕美(わだ・ひろみ) [営業コンサルタント]

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、プレゼンしたお客様の98%から契約をもらうという「ファン作り」営業スタイルを構築し、オリジナルの営業手法によって日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた女性営業のカリスマにして先駆者。 短期間に昇進を重ね、女性初、最年少で2万人に1人しかたどりつけないと言われる支社長となる。その後、企画室長、マーケティング部長、最後には最年少の営業部長となり、全国20支店、100名を統括する立場となる。当該企業の日本撤退に伴い独立。執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開している。 著書は女性ビジネス本の先駆けとなった『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』はじめ、『幸せをつかむ! 時間の使い方』『人づきあいのレッスン』『「やる気」が出るコツ、続くコツ』(以上、ダイヤモンド社)、『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)、『失敗してよかった!』(ポプラ社)など多数。


ベストセラー対談

多くの読者に支持されるベストセラーの著者が、それぞれの著書に込めた思いや互いの著作についての感想を語り合う。対話から生まれる化学反応が、ベストセラーを読み込むための新たな視点やヒントを提供する。

「ベストセラー対談」

⇒バックナンバー一覧