ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「物言う株主」がセブンに突きつけた要求の本当の思惑

週刊ダイヤモンド編集部
2015年11月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
米サード・ポイントは、イトーヨーカ堂を分離して株価を引き上げ、配当の倍増を要求している Photo by Yasuhisa Tajima

 今年10月下旬、セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長は、ニューヨークにいた。2016年2月期の中間決算を海外投資家に説明するためだ。

 実はそのとき、村田社長はある投資ファンドの幹部に会っている。そのファンドとは、不振に陥った企業の株式を大量に取得して改革を迫り、株価の引き上げを狙う「物言う株主」の米サード・ポイントだ。

 席上、サード・ポイント側は、セブン株の一部取得を明らかにした上で、不振の総合スーパー「イトーヨーカ堂」の分離を含めた事業の見直しを求めてきたという。

 その後、サード・ポイントが投資家に送った書簡によれば、EBITDA(利払い・税金・償却前利益)が世界的な同業他社と比較して低いと指摘、その原因は業績悪化から抜け出せない傘下のヨーカ堂にあるとしている。

 そのため、ヨーカ堂をグループから切り離して独立した企業として再建、セブンはコンビニエンスストア専門会社として展開すれば「投資家に有意義な利益が生まれる」と訴えているのだ。

 関係者によれば、サード・ポイント側は、そうした改革を進めて現在77円を予定している年間配当を「2倍程度に引き上げるべきだ」と主張しているという。

次のページ>> 会長在任中の処理を
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧