ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
0歳からみるみる賢くなる55の心得
【第1回】 2015年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

「脳科学おばあちゃん」は、
なぜ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』
を出版するのか?
――発売前直撃インタビュー

1
nextpage

ソニー創業者の井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』。1983年刊は、アマゾンマーケットプレイスで、28,800円のプレミア価格がついた。
「0歳からの伝説の育児バイブル」としてリニュアルした『赤ちゃん教育』は、子育てジャンルのベストセラーとなり、第5刷を突破。海外からも続々翻訳オファーが届いているという。
そして、いよいよ11月20日に、「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏(83)注目の新刊『0歳からみるみる賢くなる55の心得』が発売されるという噂を、本誌記者が嗅ぎつけた。
なんと、累計25万部突破のベストセラー『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作をギュッと1冊に凝縮。最新脳科学データ満載で、見出しや内容も完全アップデートした、「スーパーBEST版」「83年の生き様が刻印されたベスト・メッセージ集」だという。
子育て真っ最中の本紙記者が、「脳科学おばあちゃん」をはじめて直撃した。

なぜ、『55の心得』を出版したのか?

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。
脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【株式会社脳研工房HP】 http://www.umanma.
co.jp/

記者 いよいよ11月20日(金曜)が迫ってきましたが、この日に『0歳からみるみる賢くなる55の心得』(以下、『55の心得』)が発売されるという情報が入りました。本当でしょうか?
 もし本当なら、なぜこの時期に、カヨ子先生が本書を出版されたのか? 教えてください。

カヨ子 はい! 本当です。
 この本は、『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんの うちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作の中から、「ここだけは絶対読んでほしい」という箇所を厳選し、コンパクトにまとめた1冊なんです。

記者 「カヨ子ばあちゃんシリーズ」はベスト&ロングセラーとなり、累計25万部を突破したそうですね。
 今回の『55の心得』は、いわば、カヨ子先生83年間の集大成=「スーパーBEST版」ということでしょうか。

孤独な育児が
安心に変わる!?

カヨ子 まさにそうでね。この20年で3000人以上の赤ちゃんと接してきたけど、日々悩んでいるお母さんからよく相談を受けるのよ。だから、こんな気持ちでつくったんです。

●日々の育児で疲れきり、ゆっくり本を読む時間もない
●子育てをサポートしてくれる親族も身近におらず、育児に不安がある
●それでも、子どもの才能を豊かに伸ばしてあげたいと願っている

 そんなお母さんやお父さんに、最新の脳科学と日本式伝統育児法にもとづく“クボタメソッド”を凝縮し、短時間でわかりやすく読め、さらに、孤独な育児が安心に変わるような本をつくろうと。

記者 「孤独な育児が安心に変わる」って、素敵な言葉ですね。
 私自身も妻に「戦力外通告」されながら、子育てと仕事の両立ですごく悩みました。
 特に、0歳児は宇宙人! うれしい反面、大変ですよね。救われるお母さん、お父さんたちも多そうですね。

カヨ子 「カヨ子ばあちゃんシリーズ」3部作を出版した後、育児中のお母さん、お父さんだけでなく、おばあさん、おじいさんたちからも、
孫へのギフトとして渡した」
「私が言いたいことをよくぞはっきり書いてくれた」
 など、勇気づけられるおハガキやお手紙をたくさんいただきました。
 本当にうれしい限りです。

記者 編集部にも、かなりの量のおたよりがあったそうですね。

カヨ子 思えば、2011年3月11日に起きた東日本大震災――あの極限状況で、「私がいままで培ってきた育児法を、いましっかり書き残さなければ後悔するだろう」と奮い立ち、緊急出版したのが、『カヨ子ばあちゃん73の言葉』でした。

記者 そうでしたね。あのころは私自身も「0歳子育て」中でしたし、世の中も壮絶な時代でした。カヨ子先生が強い使命感で出された本なのですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


0歳からみるみる賢くなる55の心得

「25万部突破のベストセラー「カヨ子ばあちゃんシリーズ」のスーパーBEST版がついに登場!!『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作を、「日本式伝統育児で生き抜く心をはぐくむ」「自らの生を喜び、感謝の心をはぐくむ」「子どもの脳力が120%アップする」「勉強ができて、心の強い子に育つ」の4パート55の心得として1冊に凝縮。「脳科学おばあちゃん」が教室で20年教え続ける基本の子育て55。脳が賢くなると、心も強くなる!特別付録に「お母さんも子どもも笑顔になる!カヨ子ばあちゃんのらくチ~ン!野菜レシピ14」。本連載では、そのエッセンスを紹介。【脳科学おばあちゃんからのメッセージ】ほかの本を読む前に、この一冊だけかならず読んでください。

「0歳からみるみる賢くなる55の心得 」

⇒バックナンバー一覧