中南米 2015年11月16日

1人あたりGDPは中南米で最高水準
南米唯一のオフショア「ウルグアイ」で証券口座を開設する

カリブ海に浮かぶ小国・ドミニカ共和国に住み、中南米の新興国を舞台に貿易事業を展開する風間さんの体験レポート。パナマ、ガイアナ、ドミニカ、ボリビアに続き、今回は南米唯一のオフショア金融センター・ウルグアイの証券会社・証券取引所訪問記です。

 日本では、ウルグアイといっても、サッカーワールドカップで愚行を働いた「噛みつきスアレス」や、質素な生活で有名な前大統領のホセ・ムヒカぐらいしか情報がないかもしれませんが、ウルグアイは中南米では特異な国のひとつです。

 人口はわずか300万人を超える程度、南米ではフランス領ギアナに次いで2番目に小さい国にもかかわらず、1人あたりのGDPは1万6000ドル(約200万円)超。これは世界平均の約1.5倍、中南米では最も高い水準で、物価もかなり高いです。

 また、治安が悪い国ばかりの中南米では珍しく、町の治安がとても良いことで知られています。国民の教育水準もとても高く、この国で話されるスペイン語は中南米のものではなく, どちらかというとスペインで話されるスペイン語に近い印象です。

 実際に首都モンテビデオを歩いていると街並みもすごく綺麗で、ほとんどヨーロッパを歩いている感覚と変わりません。私自身、今回初めてウルグアイに来てみて、大変この国の印象が良くなりました。

ウルグアイの首都モンテビデオ。ヨーロッパのような街並みが広がっています【撮影/風間真治】


 ウルグアイというと有名なのが牛肉のステーキ。伝統的に畜産業が盛んで、1人あたりの牛肉消費量が世界でもっとも多いのです。モンテビデオの港の近くには「メルカド(市場)」と呼ばれる場所があり、炭火でステーキを焼くバーベキュースタイルの店がところ狭しと集まっていて、リーズナブルにステーキを食べることができます。

ウルグアイにはステーキ店が多い。炭火で豪快に焼きます【撮影/風間真治】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。