ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

オフィスビルに結婚式場!?
ブライダルの常識破る業界の革命児
エスクリ社長 岩本 博

週刊ダイヤモンド編集部
【第111回】 2010年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
エスクリ社長 岩本 博(撮影:宇佐見利明)

 JR東京駅の八重洲南口から歩いて5分のオフィス街に、13階建てのビルが完成した。場所柄もあって、さまざまな企業が入居するなんの変哲もないオフィスビルだ。

 ところがエレベーターで12~13階に上がると、そこには異空間が広がっている。12階は白とクリスタルを基調とし、まるでニューヨークのセントラルパーク近くにある高級マンションを思わせるフロア、13階は打って変わって木目調で、アジアの高級リゾートホテルのような雰囲気に包まれている。

 じつは、両フロア共にバージンロードを備えたチャペル、そして100人以上を収容できるパーティ会場を完備した「ラグナヴェールTOKYO」という名の結婚式場なのだ。運営しているのは、今年3月、東証マザーズに上場したブライダル事業を手がけるエスクリだ。

 同社はホテル内の式場のほか、邸宅風結婚式場、いわゆるゲストハウスタイプなどを展開してきた。しかし、結婚式で重要視する項目をアンケートで聞いたところ、出席者へのもてなし、なかでも遠方の親戚や友人を招待する際の「利便性」を挙げる人が最も多かった。

 そこで、エスクリを立ち上げた岩本博は、駅近の「ビルインタイプ」という、業界の常識を打ち破る新しい式場展開へと舵を切ったのだ。八重洲に続いて、来年にはJR大阪駅ビルにも式場を開設する計画だ。

雑誌創刊でノウハウ吸収
創業資金賄えず二足のわらじで踏ん張る

 幼少の頃から、「いつかは社長になりたい」と思い続けてきた岩本。大学を卒業後、まず営業を覚えようと飲料メーカーに入社。続いて提案型の営業を学ぼうとリクルートに転じる。

 そこで巡り合ったのがブライダル事業だった。社内でブライダル雑誌「ゼクシィ」の立ち上げが検討された際、「将来、事業を立ち上げるためには願ってもないチャンス」と、岩本はすぐさま手を挙げたのだ。

 だが、当時、ブライダル業界に関する雑誌など存在せずすべては手探り状態。雑誌の編集から営業、販売に至るまで、すべてをこなさなければならなかったばかりか、商売のタネである広告も集まらず苦難の日々が続いた。

 事業が軌道に乗ったのは、スタートから2年がたとうとしていた頃。レストランウエディングブームの到来がきっかけだった。続いてゲストハウスウエディングもブームとなり、雑誌はあっという間に全国14エリアで発行するまでに成長した。

 「雑誌の成功で完全燃焼したこともあり、長年の夢を果たすのは今しかないと思った」

 雑誌の事業化を通じて、ビジネスのノウハウはもちろん、人的なネットワークも構築できたと自信を深めていた岩本は、満を持してエスクリを立ち上げる。

次のページ>> 将来はアジア進出狙う
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧