橘玲の世界投資見聞録 2015年11月19日

パリ同時多発テロの裏で、
フランスが「豊かな欧州」から没落しつつある現実
[橘玲の世界投資見聞録]

 一昨年の12月にパリを訪れたときはモロッコのマラケシュに行くためのトランジットで、パリ東駅近くのホテルに泊まった。

 Trip Advisorによると、このあたりは一時スラム化が問題になっていたが、近年は再開発が進んで、サン・マルタン運河周辺には洒落たレストランが次々とオープンし、ちょっとした人気スポットになっているのだという。

 運河は東駅の横を流れ、途中で地下に潜りバスティーユ広場の先で地上に出て、セーヌ川に合流する。

 運河の両岸はきれいに整備されたマロニエの並木道で、ところどころに鉄製の太鼓橋がある。個人営業の小さなレストランが運河沿いに点在していて、平日(火曜日)の夜にもかかわらずどこも賑わっていた。

パリ東駅に近いサン・マルタン運河。事件現場となったカンボジア料理店は左手、バタクラン劇場はすこし先の右手にある

 

 たまたま覗いたレストランでテーブルがひとつだけ空いていたので、そこで食事をすることにした。レストランの女主人は、「このあたりは観光客は珍しいのよ。日本人は、たぶんあなたがはじめて」といった。

 11月13日(金)の夜、パリ市内でIS(イスラム国)の戦闘員による同時テロが起きたが、その標的となったのがこの地区だ。15人が死亡したカンボジア料理店「ルプチカンボジュ」は、上の写真では運河の左手にある。襲撃犯はレストランの客を無差別に銃撃したあと、運河を渡ってすこし先にあるバタクラン劇場に向かい、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」などと叫びながら観客に向けて銃を乱射し90人ちかくが犠牲になった。

 フランスとドイツの親善試合が行なわれ、オランド大統領も観戦していたサッカースタジアム、スタッド・ド・フランスにも、襲撃犯は強力な爆発物を持ち込もうと試みた。このスタジアムの最大収容人数は8万人超だから、テロが実行されればとてつもない惨劇になったにちがいない。

 今年1月のシャルリー・エブド襲撃事件では、ムハンマドの風刺画を掲載した雑誌社が標的となった。社内に警察官が常駐していたように、彼らはリスクを自覚していたが、今回は一般市民が狙われたことで動揺がさらに広がっている。

 常軌を逸した凶行というほかないが、ISの戦闘員は狂人ではなく、彼ら独自の「正義」のために戦っている。その正義によれば、これはフランスとイスラム国の国家間戦争であり、フランスが空爆によってイスラム国の市民を殺傷している以上、その罪をフランス市民が自らの生命で贖うのは当然なのだ。これが、テロリストがパリ市内の観光地ではなく、地元のひとたちが集まる地域を選んだ理由だろう。

 同時テロを受けてオランド大統領はISとの「戦争」を宣言し、イスラム国への空爆を強化した。これによってフランスはISと同じ認識を共有することになり、相手の土俵に引きずり込まれていく。9.11同時多発テロのあとにアメリカのブッシュ政権がはまりこんだ構図だが、他に有効な対抗手段がない以上、しかたのないことでもあるのだろう。

 一部の中東専門家は、報復の応酬では双方の憎悪が膨らむだけで、問題は解決しないのだから、唯一の解決策はイスラム国を「国家」と認めて交渉することだという。だが西欧諸国にこうした提案を受け入れる余地はなく、IS掃討のためにシリアに地上軍を投入するようなことになれば事態はさらに泥沼化しかねない。

 ブッシュが独裁者フセインを打倒すべくイラクへの侵攻を主張したとき、フランスは先頭に立ってそれに反対した。皮肉なのは、そのフランスがいまやイスラーム過激派との終わりなき戦争に突入しつつあることだ。

サン・マルタン運河沿いのレストラン。平日なのにほぼ満席だった

 

予言の書としてベストセラーになったウエルベックの『服従』

 近頃翻訳されたフランスの人気作家ミシェル・ウエルベックの『服従』(河出書房新社)では、2022年にフランスはムスリムの大統領を迎え、イスラームに「服従」することになっている。

『服従』の発売日は2015年1月7日で、『シャルリー・エブド』が襲撃された当日だった。そのうえ、表紙ではウエルベックが(イスラームの象徴である)三日月と星の三角帽をかぶり、煙草をくゆらせながら、「2015年、私の歯は抜け落ちるだろう。2022年、私はラマダンの断食をするだろう」と“預言”していた。このあまりにもできすぎた偶然によって、『服従』はフランス国内で60万部を超えるベストセラーになり、そしてこんどは、その日本語訳が発売された直後にパリの同時テロ事件が起きた。

 だが『服従』を読んでみると、これを『預言の書』とするには無理があることがわかる。

 ウエルベックの小説によれば、2017年の大統領選ではオランドがかろうじて再選を果たすものの、次の2022年はマリーヌ・ル・ペンの国民戦線が支持率30%で第一党になり、社会党の支持率は20%と低迷している。ところがそこにモアンド・ベン・アッベスなる超エリートのムスリムが率いる「イスラーム同胞党」が登場し、社会党と並ぶ20%の支持率を獲得する。社会党は“極右”のル・ペンよりもベン・アッベスを大統領にしたほうが自分たちの既得権を維持できると考え、イスラーム同胞党と連立政権を組むことに決める。こうしてフランスはイスラーム化していく……という話だ。

 しかしすぐにわかるように、「イスラーム同胞党」なる政党は存在せず、政教分離(ライシテ)を国是とするフランスに政教一致のイスラーム政党の居場所があるとも思えない――公立学校においてヒジャブ(スカーフ)を着用することすら法で禁じられているのだ。また仮にイスラーム政党が誕生しても、フランスの人口6600万人のうちムスリムはおよそ500万人(約7.5%)で、そこには市民権を持たない移民も含まれるのだから、7年後にムスリムが有権者の20%を超えるというのも荒唐無稽な話だろう。

 実質的なデビュー作である『素粒子』(ちくま文庫)以来、良識あるひとたちの神経を逆なでする作風で人気を博してきたウエルベックは、もちろんこんな批判は端から承知のうえにちがいない。しかしそれでも、『服従』が近未来小説の形式をとっている以上、リアリティの有無が重要なことは間違いない。ところが、「自由」と「人権」の近代民主社会を誕生させたと自負するフランスは、 自らのアイデンティティを全否定してイスラーム国家へと変わっていくというのに、パリ市内で散発的に暴動や銃撃戦が起きるだけですべては平穏のうちに進んでいくのだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。