ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉田恒のデータが語る為替の法則

クロス円の「勝ち組」「負け組」とは?
豪ドル/円が急落したワケは?

吉田 恒
【第81回】 2010年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー

 ユーロの弱さばかりが目立っていたところで、先週は豪ドルなどの資源国通貨も急落しました。

 この背景には、米ドル以外の外貨の間で、「勝ち組」と「負け組」の差が広がり過ぎていたという状況があったと思います。

1ヵ月前まで、欧州通貨と資源国通貨で二極化していた

 まずは、下のグラフを見てください。これは、ヘッジファンドなどの取引を反映しているとされるCFTC(米商品先物取引委員会)統計のユーロに関する投機筋のポジション動向です。

 このコラムでも何度か紹介してきましたが、現在のユーロが空前のネット・ショート(売り持ち)になっていることがわかるでしょう。

 次に、下のグラフを見てください。これは、同じくCFTC統計の豪ドルに関する投機筋のポジション動向です。

 最近こそネット・ロング(買い持ち)が縮小してきたものの、少し前までは過去最大規模に拡大していたことがわかるでしょう。

 このように、ほんの1ヵ月前までは、ユーロなどの欧州通貨は空前の「売られ過ぎ」となり、一方で、豪ドルなどの資源国通貨は記録的な「買われ過ぎ」になるといった感じで、両極端の状況が展開されていたのです。

豪ドルは先週の急落でもニュートラルの水準にある

 このような「二極化」の状況は、相場の「下がり過ぎ」を比較してみても明らかです。

 5年移動平均線からのカイ離率で、中長期の相場の「下がり過ぎ」を見てみましょう。

 ユーロの場合は経験的に、カイ離率がマイナス20%前後に達すると「下がり過ぎ」となりますが、ユーロ/円の5年移動平均線は4月末現在で145円程度ですから、115円を下回ると中長期的に「下がり過ぎ」領域と言えそうです。

 それでは、豪ドルはどうでしょうか?

 豪ドルの5年移動平均線は、4月末現在で86円程度です。

 つまり、つい最近まで85円程度で推移していた豪ドル/円は、「上がり過ぎ」でも「下がり過ぎ」でもない、中長期的にほぼニュートラルな水準にあったと言えそうなのです。

記事の続きを読む

世論調査

質問1 ユーロ安はまだまだ続くと思う?



>>投票結果を見る
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田 恒 

立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。財務省、日銀のほかワシントン、ニューヨークなど内外にわたり幅広く取材活動を展開。同社代表取締役社長、T&Cホールディングス取締役歴任。緻密なデータ分析に基づき、2007年8月のサブプライムショックによる急激な円高など、何度も大相場を的中させている。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。


吉田恒のデータが語る為替の法則

為替相場には法則がある! 数々の大相場を的中させてきた吉田恒が、豊富な過去データを分析して法則を導き出し、為替の先行きを予想します。

「吉田恒のデータが語る為替の法則」

⇒バックナンバー一覧