ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

通貨危機前後の円と日本株動向
危機の影響を引きずる日本株

山独活継二
2010年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ギリシャの財政問題に端を発した、南欧諸国のソブリンリスク問題。市場はリーマンショック後の二番底も視野に入りかねない、波乱含みの様相となってきている。

 今回のギリシャ問題は、ギリシャ1国だけで見れば、株価はかなり調整されてきているといってよさそうだが、その他の国の株価や為替を見る限りにおいては、調整は道半ばとなっている。

 過去の通貨危機はおおむね、当該国がペッグ制等による為替レートとファンダメンタルズとの乖離に耐え切れなくなるというものだ。大きな通貨危機に発展したものとして1992年の欧州通貨危機、97~98年のアジア通貨危機、99~2002年の南米通貨危機がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧