ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
0歳からみるみる賢くなる55の心得
【第20回】 2015年12月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

どんな子にも、
光るものがある
――自らの生を喜び、
「感謝の心」をはぐくむ心得3

1
nextpage

ソニー創業者の井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』。1983年刊は、アマゾンマーケットプレイスで、28,800円のプレミア価格がついた。
「0歳からの伝説の育児バイブル」としてリニューアルした『赤ちゃん教育』は、子育てジャンルのベストセラーになり、第6刷が決定。海外からも次々翻訳オファーが届いているという。
そして、いよいよ「ほかの本を読む前に、この一冊だけかならず読んでください」と、カヨ子ばあちゃんが熱く語る、注目の新刊『0歳からみるみる賢くなる55の心得』がリリース。
発売早々、Amazon.co.jpの単行本「総合ランキング1位」を記録。
11月29日の「読売新聞」と、12月7日の「日経新聞」に掲載され大反響となり、第3刷が決定。本連載も、累計53万PV(ページビュー:サイトの閲覧数)を突破した。
累計34万部突破の「カヨ子ばあちゃん」シリーズ。その中でも、ベストセラーとなった『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作がギュッと1冊に凝縮された本というから、「スーパーBEST版」「ベスト・メッセージ集」と言っても過言ではない。
83歳「脳科学おばあちゃん」の熱いメッセージをお届けする。

障がいのあるケンちゃんとの日々

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。
脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける“久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計34万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【株式会社脳研工房HP】 http://www.umanma.
co.jp/

 障がいのある子は、正常な発達をした子が自然に覚えるようなものを懸命に教えても、なかなか同じように学べません。

 私が住む地域には、ある障がい者施設があり、そこには脳性麻痺やいろいろな障がいのある方がたくさんいます。

 私は、時々、そういう子に会うことがありますが、「ジッとしときなさい!」と言っても動き回ったり、奇声を発する子がおり、年齢を聞いたら20歳をすぎていたりします。

 医師から「長くは生きられない」と言われた重度の障がい児が、20歳をすぎても生きることができるなら、20歳の肉体を維持できる脳の働きがあるのです。

 わずかでも、なにかの努力はできるはずです。その子に適した教育のやり方次第で、たとえゆっくりでも知的な進歩は見られると信じています。

 3歳のときの事故が原因で、重度の外傷性てんかんと知的障がいが残ったケンちゃんとは、彼が9歳から15歳のころまで、毎日一緒にすごしました。

 ケンちゃんは、医師から「20歳まで生きられないかもしれない」と言われていましたが、現在52歳です。

 「この子を残して死ねない」と言っていたお父さんは、2012年に、ケンちゃんを残して旅立ちました。

生きているということは、
なにかを教えられる

 出会ったころのケンちゃんは、ひとりでトイレにも行けなかったのですが、このまま成長すると両親、特に母親が大変になります。

 彼の3歳までの経験をもとに、私は懸命に、少しでもできることから教え込みました。いまは、不随意性筋収縮(不随意かつ発作的に筋肉が収縮すること)の発作で施設に入っていますが、3年前に会ったときも私のことはよく覚えていてくれて、うれしい笑顔で挨拶してくれました。

 ケンちゃんが現在まで生きているのは、脳の発達のおかげです。
 なぜかと言えば、もっと脳の状態が悪かったら、そんな年齢まで生きられないからです。

 生きているということは、なにかを教えられるということです。
「教え方がわからない」ではなく、この子には生きていくために、他の子どもと同じように目も鼻も口もついています。

 0歳の子が1ヵ月で覚えたものを、こういう子は1年経ってもなかなか覚えられないという差があるだけです。本当に少しずつですが、覚えていきます。
 なにも覚えられなかったら、死んでいるはずです。通常なら、50歳までは生きられないのです。

 50歳まで生きられるということは、50歳の肉体を維持するだけの力が、脳と体にあるということなのです。そうでなければ、死んでしまうのですから。

 このような子どもたちに対し、教育者や医者はどのような手助けができるのでしょうか? これは私の宿題です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


0歳からみるみる賢くなる55の心得

「25万部突破のベストセラー「カヨ子ばあちゃんシリーズ」のスーパーBEST版がついに登場!!『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作を、「日本式伝統育児で生き抜く心をはぐくむ」「自らの生を喜び、感謝の心をはぐくむ」「子どもの脳力が120%アップする」「勉強ができて、心の強い子に育つ」の4パート55の心得として1冊に凝縮。「脳科学おばあちゃん」が教室で20年教え続ける基本の子育て55。脳が賢くなると、心も強くなる!特別付録に「お母さんも子どもも笑顔になる!カヨ子ばあちゃんのらくチ~ン!野菜レシピ14」。本連載では、そのエッセンスを紹介。【脳科学おばあちゃんからのメッセージ】ほかの本を読む前に、この一冊だけかならず読んでください。

「0歳からみるみる賢くなる55の心得 」

⇒バックナンバー一覧