橘玲の世界投資見聞録 2015年11月28日

「馬小屋で生まれた?」「処女懐胎?」「墓の場所は?」
イエス・キリストの謎を巡るエルサレムの旅
[橘玲の世界投資見聞録]

 イエス・キリストはおよそ2000年前に生まれ、30歳前後で磔刑に処せられた。その生涯は聖書(福音書)に記されているが、早くも18世紀の啓蒙主義の時代になると、聖書の記述すべてを真実(神の言葉)とするのではなく、歴史学の手法で批判的に検討すべきだという主張が現われる。

 しかしこれは、きわめて困難な試みでもあった。イエスについて膨大な文献が書かれたのは紀元313年にローマ帝国のコンスタンティヌス帝がキリスト教を公認してからで、それ以前の文書の多くは散逸し、作者や年代の特定も難しかったからだ。こうしたことから、「イエスはローマ帝国にキリスト教を布教するためにつくりだされた架空の存在」との説を唱える歴史家まで現われた。

 エルサレムの旅でイエスの史跡を訪れたので、ここではイギリスの歴史家イアン・ウィルソンの『真実のイエス 伝説の謎に迫る』(紀伊国屋書店)を参考に、イエスの謎をざっとまとめてみよう。

イエスは本当に馬小屋で生まれたのか?

 よく知られているように、イエスはベツレヘムの宿屋の馬小屋で生まれたとされている。しかしこれには別伝もあって、ナザレからベツレヘムへの道中にマリアが産気づいたため、近くの洞窟で出産したのだという。

 ベツレヘムはエルサレムの南10キロほどのところにあるが、パレスチナ自治区内にあるため、ダマスカス門のバスターミナルからアラブバスを使う。パレスチナ自治区にはイスラエル側の交通機関は入れないが(逆も同じ)、アラブバスはパレスチナ人が運営しているので、直接ベツレヘムまで行くことができるのだ。

ダマスカス門                                                         (Photo:©Alt Invest Com)

 

 世界遺産にも登録されているベツレヘムは一大観光地だと思っていたが、バスに乗っているのはほとんどが地元のひとたちで、観光客は私のほかにドイツ人のカップルと中国人の女の子3人組だけだった。

 バスは最初、整然と区画された住宅地を抜けていくが、これはユダヤ人の入植地で、ごみごみとした(活気にあふれた、ともいう)街に入るとパレスチナ側だ。

 ベツレヘムを訪れたコンスタンティヌス帝の母ヘレナ(聖ヘレナ)は、イエスの誕生について馬小屋ではなく洞窟説を採り、当地の伝承に基づいて生誕地を定め、紀元325年に降誕(聖誕)教会を建てたとされている。教会のなかには洞窟へと降りる狭い入口があり、祭壇の下の床にイエス誕生の印が嵌め込まれている。

 私は信者ではないので、混みあっているようなら遠慮しようと思ったのだが、意外に早く入れて写真も撮れた。クリスマスの時期には観光客で大変な混雑になるというが、ふだんはそれほどでもないようだ。――ちなみに、12月25日はもともとは古代ローマの冬の祭日で、それがイエスの聖誕祭に転用されたのだ。

ベツレヘムの降誕教会。周囲は車で大混雑                         (Photo:©Alt Invest Com)
イエスの生まれたとされる洞窟への入場を待つ              (Photo:©Alt Invest Com)
この奥がイエスの生誕地(Photo:©Alt Invest Com)
床に生誕の印が埋め込まれている                           (Photo:©Alt Invest Com)

 降誕教会がなんとなくさびれた感じがするのは、ここでほんとうにイエスが生まれたかどうかわからないからだ。生誕の地としてよく知られた馬小屋ではなく洞窟が選ばれたのは、聖ヘレナがイエスの史跡を訪ねたときには300年以上前の宿屋や馬小屋はあとかたもなかったからだろう。

 それ以上に困るのは、そもそもイエスがベツレヘムで生まれたという証拠がないことだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。