ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶対内定
【第30回】 2015年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊谷智宏 [我究館館長]

「6月解禁!」のニュースで、
次年度の就活はここが様変わりする

1
nextpage

2015年11月20日、経団連は新卒採用面接の解禁を8月1日から6月1日へと、2ヵ月前倒しすることを正式表明。大学3年生にとって、「来年度の就活スケジュール変更」はどのような影響を与えるのだろうか。キャリア支援スクール「我究館」の熊谷館長にうかがった。

面接解禁が8月から6月へ。前倒し就活で何が起こるのか? Photo:milatas-Fotolia.com 拡大画像表示

面接解禁2ヵ月前倒しで何が起こるのか?

 経団連の正式表明を受けて、新卒採用のスケジュール変更が決定した。面接の解禁日が前倒される。2015年が8月1日だったのを来年、2016は6月1日にする方針だ。なお、説明会などの広報活動は、今年と変わらずに3月1日のままだ。

  これによって大学3年生の就活(2017年卒)はどう変わるのか。
  知っておきたい、いくつかのポイントを解説しておこう。

年明けから本選考のラッシュ?
半年間、走り続ける就活生が増える。

  年明けから外資、ベンチャーの内定が出はじめ、3月頃から中堅企業の内定が続く。例年のスケジュール通りだ。これらの企業を受ける学生は、年明けから説明会参加、企業研究、筆記対策、OBOG訪問、エントリーシート作成、面接と多忙な時間を過ごすことになる。

  就活を終えた(学生がほとんどである)今の大学4年生(2016年卒)の場合は、年明けの選考の山から面接解禁の8月まで、半年近くあった。しかし、今の3年生の場合は、その期間が2ヵ月短い。中堅企業の選考が落ち着くのを待たずして、大手の選考に突入してしまうのだ。

  3月の広報活動の解禁から6月まで、わずか3ヵ月。その間に、企業は説明会参加から面接までの準備を急ピッチで行うことになる。20~30社の企業にエントリーする学生が多いので、この間の忙しさは、想像に難しくないだろう。 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
ユニ・チャーム式 自分を成長させる技術

ユニ・チャーム式 自分を成長させる技術

高原 豪久 著

定価(税込):定価:本体1,500円+税   発行年月:2016年6月

<内容紹介>
目標達成するための43の行動原則 「絶対目標達成するための週次ミーティング」「成功に導く「1→10→100」の法則」「必ず課題がみつかる“定石文”」 日本の組織が世界で勝てる秘密を公開! 社長就任から売上高3倍、海外売上比率1割から6割に伸ばしたユニ・チャームの人づくりとは?

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、6/12~6/18)


注目のトピックスPR


 

熊谷智宏(くまがい・ともひろ) [我究館館長]

我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。
現在までに2500人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。
難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。
著書に『絶対内定2016』シリーズがある。

【キャリアデザインスクール・我究館】http://www.gakyukan.net/
心から納得のいくキャリアの描き方と実現をサポートする就職・転職コーチングスクール。1992年の創立以来、20年以上にわたり全業界に7200名の人材を輩出。
日本を代表するコーチ陣が、就職、転職、ロースクールや医学部進学、MBA留学、資格取得等、次の成長機会を模索し、その実現に悩む人々をバックアップしている。


絶対内定

1994年の創刊から20年以上のロングセラー、現在も大学生協売上1位を誇る『絶対内定』シリーズ。今では当たり前の「自己分析」の考えを、就活にはじめて取り入れたのが本書で、先輩やOB・OGのみならず、企業の人事・採用担当者にも支持されている。
連載では、『絶対内定』シリーズの執筆陣による、就活において大切な考え方や手法、最新就活事情などをお届けする。

「絶対内定」

⇒バックナンバー一覧