ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新装版 だから片づかない。なのに時間がない。
【第4回】 2015年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
マリリン・ポール

「ギリギリでも間に合えばいい」
と思っているから信頼を失う

1
nextpage

12万人の人生を変えた片づけ本のロングセラー『だから片づかない。なのに時間がない。』。「整理術とセックスレスの関係」を論じて話題を呼んだ連載第3回に続き、今回は「いつもギリギリ症候群」から脱却する時間術を紹介します。

「ギリギリ間に合った!」
 ↑↑(想像以上に冷たい目で見られてます)

 約束に遅れたり、ギリギリまで用事をやらなかったり、滑り込みで締め切りに間に合わせたりすると、ゾクゾクするような興奮を覚えるものだ。遅刻が決定的になれば言い訳をひねり出す必要があるが、いい案を思いついたりするとこれがまた興奮を呼んだりする。

 この種の刺激は胸をワクワクさせる。同時進行でいろいろなことをこなし、何かを達成しているような錯覚を抱き、時間を有効活用している気がしてくる。最後の最後にやり遂げる恍惚感で、不安な気持ちを払いのけることができたような気になる。

 しかし、当然、そのままで良いはずがない。

 あなたの「先延ばし」や「ギリギリ」に振り回される周囲の人間は、たまったものではない。ふと気づくと、あなたの約束をだれも信用していない、なんてことが十分にあり得る。そうなってからでは、もう遅い。

先延ばしする人に特有の
「グズグズするクセ」一覧

 「先延ばしのクセ」は、人それぞれパターンが違う。グズグズしてなかなか実行できない人がよくあげる理由の一部を紹介しよう。

 ■それをすると考えただけでゾッとする。
 ■先延ばしにして気をもむことに慣れっこになっている。
 ■完全主義者なので、きちんとできるまでやりたくない。
 ■どこから手をつけていいかわからない。
 ■所要時間の見当がつかない。
 ■「自分には自分なりのやり方がある」と思っている。
 ■ありそうもない快挙の達成に胸躍らせ、その瞬間を夢見ている。
 ■その作業を重要だと感じていない。
 ■まるでやる気がない。
 ■今を楽しみたいから、面倒なことはごめんだ。

 あなたに当てはまる項目はあっただろうか。このグズグズするクセは、自分が自分とどうつき合っているかを教えてくれる宝の山だ。「今すぐ直そう!」と思う前に、まずは自分のクセに気づくことから始めよう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



新装版 だから片づかない。なのに時間がない。

【リバウンドしない自分だけの整理術】12万人が読んだベストセラー『だから片づかない。なのに時間がない。』から、失敗しない整理術のあれこれをご紹介します。「残業続き」「決断が遅い」「探し物が多い」「片づけられない」「遅刻常習犯」「他人から信頼されない」……。そんな「だらしなさ」を今年のうちに解消したい人、必読です。

「新装版 だから片づかない。なのに時間がない。」

⇒バックナンバー一覧