ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニッポンビジネス・ななめ読み

揺れる富士通、旧電電ファミリーはどこへ行く

相場英雄
2010年5月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前社長の辞任取り消し要求を巡るゴタゴタで、富士通という巨大企業が揺れているのは周知の事実だ。泥沼劇の詳報は他稿に譲るとして、同社でなぜあのような混乱が生じたのかについて、全く別の切り口で見てみたい。

 筆者が注目したのは、富士通が旧電電公社(日本電信電話公社)ファミリーの中核を成す企業だった点だ。

スキャンダルの裏に見え隠れする「旧電電ファミリー」体質

 富士通が混乱する過程で、同社の内情を知るアナリストやコンサルタント関係者は異口同音に秋草直之取締役相談役の存在に触れた。

 同氏は2003年に社長を退いたあとも、会長、取締役相談役(6月に取締役退任予定)として「実質的な院政を敷いていた」(外資系証券アナリスト)と言われる。

 なぜこのようなイメージが定着したかといえば、同氏が旧電電公社の第4代総裁だった秋草篤二氏の実子だったためだ。

 電電公社発足当初から、公社は使用する電気通信機器の大半を、富士通や日本電気(現NEC)、日立製作所、沖電気などの「ファミリー企業」から調達していた。ファミリー企業は電電公社向けに(NTTになってからも)、半ば独占的に機器を納めることで売り上げを伸ばし、成長してきた。

 このため、一連の富士通の混乱が露呈した際、「いまだに旧電電公社総裁の威光を笠に秋草家が富士通という企業を隠然と支配している」(同)、「電電族から脱皮できていない証左」(外資系運用会社)などといった観測が次々に出てきたわけだ。

 また、解職が不当だと主張した前社長の野副州旦(のぞえ・くにあき)氏が、富士通のHDD(ハードディスクドライブ)事業の売却などの施策を通じて大規模構造改革を進めてきた人物だったことから、「急激な改革路線を良しとしない院政側が巻き返した」(あるITコンサルタント)とのうがった見方も広がった。

 富士通は、野副氏とのトラブルが表面化した際、当初の野副氏退任理由を撤回。それはまさに「投資家や株主を冒涜する行為」(先の運用会社)であり、そうしたIR(投資家向け広報)での失態も同社の「古い経営体質」を浮き彫りにすることとなった。

 筆者は、旧電電ファミリーのすべてが古い経営体質を引きずり、株主や投資家を軽視していると断ずるつもりはない。

 ただ、今回の富士通スキャンダルを通じ、「旧電電ファミリーの先行きが、にわかに精査されているのは事実」(同)だ。長らく日本の電気通信業界に君臨してきた旧電電ファミリーは、これからどうなっていくのだろうか。

NTTのグローバル調達で「ファミリー」のシェアが低下

 ファミリー各社が得意としてきた事業分野の現状について見ていこう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相場 英雄 Hideo Aiba

作家・経済ジャーナリスト。1967年新潟県生まれ。元時事通信社記者。2005年に『デフォルト(債務不履行)』(角川文庫)で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞。2006年、時事通信社を退社、創作活動に。近著に『ファンクション7』(講談社)、『偽装通貨』(東京書籍)、『みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 奥会津三泣き 因習の殺意』(小学館)、『佐渡・酒田殺人航路』(双葉文庫)、『完黙 みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 奥津軽編』(小学館)、『みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎 ~誤認』(双葉文庫)、『みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 追尾』(小学館文庫)、『金融報復 リスクヘッジ』(徳間書店)など。


ニッポンビジネス・ななめ読み

日本のビジネスを深部で突き動かす見えない潮流。ありきたりの経済ニュースからは、その流れは見えてこない。作家兼業ジャーナリストの筆者がニッポンビジ ネスの構造を一刀両断。斜に構えた視線だからこそ見えてくる真実がある。

「ニッポンビジネス・ななめ読み」

⇒バックナンバー一覧