ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「初年度黒字化」と強気で中国を攻める
ヤマダ電機の“足かせ”

週刊ダイヤモンド編集部
2010年6月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

 日本市場の約25%のシェアを握る家電量販店トップのヤマダ電機は、次の成長戦略として、中国市場の攻略に挑む。海外進出を掲げてから約2年。満を持して中国東北部の主要都市、遼寧省瀋陽市に今年12月、売り場面積約2万3000平方メートルの第一号店をオープンする。日本の家電量販店としては初だ。

 現地関係者によれば、当初は出店候補地として天津市も検討していたが、市政府からの出店許可等の取得に手こずり、瀋陽での出店が先となったという。現地従業員の採用も開始するなど、準備は着々と進んでいる模様だ。

 同社の海外進出の背景にあるのは、人口の伸びが期待できない日本の家電市場の頭打ちである。長期的な目標である連結売上高3兆円を達成するには、もはや海外市場へ出て行くしかないのだ。なかでも13億人を抱える中国では、今後15~20年は中間所得層が増え続けるとも言われており、巨大市場は膨らみ続ける。

 中国政府がリーマンショック後、総額4兆元の景気刺激策を断行したことも奏功し、中国はGDP成長率が再び二桁に戻るなど、急回復を見せた市場だ。その景気刺激策のなかでも、農村に家電を普及させるための補助制度である「家電下郷」や、買い替えの補助制度である「以旧換新」によって、家電は売れに売れている。

 それを見据えてか「初年度黒字化を目指す。出店する以上、それを目指すのは当たり前だ」と一宮忠男社長は強気だ。さらに「今後3年で5店程度の出店を目指す」と早くも多店舗展開への意欲を見せている。

 しかし、決して簡単ではない。基本的に中国では、出店はすべて許可制だ。出店しようとすれば地元政府の許可が必ず必要になる。日本で行なってきたシェア奪取のための短期間での大量出店は、中国では難しい。

 したがって、物流や在庫管理などのコストを、大量出店によってもたらされるスケールメリットで吸収する方法は活用できない。

 また、家電量販店と言っても中国と日本では中身はまったく違う。中国式はメーカーごとに区画が割り振られ、販売員はメーカーからの派遣。つまり“場所貸し業”をしているのが中国の家電量販店だ。一方日本式は商品ごとに陳列し、販売員は原則的に量販店の従業員だ。

 ヤマダ電機は「日本式を中国に持ちこむ。それが中国のお客様にとって最善だからだ」(一宮社長)というが、メーカーごとの陳列に慣れ親しんだ中国の消費者が、日本式を受け入れるかどうかは未知数だ。

 実際に中国家電量販店大手の国美電器は、日本の家電量販店で勤務していた幹部をスカウトして、日本式の商品別陳列の店舗を何度かテストしているが、消費者には受け入れられず、撤退した経緯がある。

 加えて、ある大手電機メーカー中国支社長は「販売員の教育がもっとも手間と時間と金がかかる。商品が売れるかは販売員教育にかかっている」とその難しさを語る。

 ヤマダ電機は現地採用した中国人従業員を日本で研修するなど、準備に余念が無い。同社の目前には巨大な市場が広がるが、その攻略にはいくつもの足かせを引きずりながら戦う、厳しいものになりそうだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 片田江康男)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧