ZAi ONLINE SPECIAL SITE
ZOL plus
2015年12月21日

ジャパンネット銀行低コストと利便性が大きな魅力!!

1

資産運用でまず考えるべきはコスト。低コストであればあるほどリターンが大きくなるからだ。ジャパンネット銀行は、投信の購入時手数料も、外貨預金の為替手数料もとにかく安い。運用のベース基地にピッタリのネット銀行といえる。
イラスト/桑原 節 撮影/倉部和彦

投信購入や外貨預金など
資産運用商品が充実!

 パソコンやスマホ、タブレットから、原則24時間365日、いつでもどこでも振込や残高確認ができる利便性で人気のジャパンネット銀行。実は、投資信託の品ぞろえはネット銀行でトップクラス、外貨預金の為替手数料も業界最低水準など、資産運用商品も充実しているのだ。

 投信は面倒な振替の手続きなしに普通預金口座からワンストップで購入でき、積立なら月々1000円から始められる。

 外貨普通預金は1通貨単位、外貨定期預金も10通貨単位から始められるので、気軽にさまざまな通貨に投資できる。

 ホームページには動画や読み物など、運用を基礎から学べるコンテンツも豊富に揃っている。冬のボーナスで資産運用デビューする人は、ぜひアクセスしてほしい。

ジャパンネット銀行
市場商品事業部 大貫純規さん

 資産を築くうえで重要なことは「負けない運用」をすること。それには低リスクで安定した運用が期待できる商品を選び、時間を味方につけ、低コストで運用利回りを良くすることが大切になる。

「当社では、月々1000円から投信の積立を始めることが可能です」と大貫純規さん。 「ラインナップは233本と充実した品ぞろえ。約4分の1がノーロードファンドであることに加え、購入時手数料がかかる投信も、金額をできるだけ抑え、常に業界最低水準を目指しています」

 また、投信を選ぶためのツールも多彩だ。騰落率をはじめとした各種ランキング、リスクとリターンをビジュアルで把握できる「リスクリターンマップ」、毎月分配型を対象にした「分配金実力マップ」、自分のリスク許容度と好みに合った投信が選べる「ファンドナビ」など、さまざまなツールが揃っている。

 投信積立を基礎から学べる動画コンテンツも用意されているなど至れり尽くせり。せっかく買うなら安く、納得して買いたい。ならばジャパンネット銀行は要チェックだ。

【第5弾】「初心者でもらくちん! 1,000円積立投資」
拡大画像表示

まずはココから!
動画で投信積立を学ぼう

動画コンテンツ「JNBチャンネル」は人気。現在第5弾が公開中だが、第4弾も合わせると計7000ビューを超えている。ビギナーはさっそくアクセスしよう!

 

 

口座開設はこちらから

≪JNB投資信託に関するご注意≫
投資信託は預金ではありません。したがって、投資信託は預金保険の対象ではありません。投資信託には、元本保証および利回り保証のいずれもなく、元本割れが生じるリスクがあります。お取引には所定の手数料がかかります。ご購入の際には、約款および各ファンドの「目論見書(投資信託説明書)」、目論見書と一体となっている「目論見書補完書面」を必ずご確認ください。このご案内は情報の提供のみを目的としており、投資または特定の商品を勧誘するものではありません。銘柄の選定など、投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断で行っていただきますようお願いいたします。

 

≪外貨預金に関するご注意≫
外貨預金は、外貨建ての預金であり、外国為替相場の動向等によっては、払戻時の円貨額が預入時の円貨額を下回る等、元本割れが生じるリスクがあります。預入時および払戻時には、為替手数料(5銭〜30銭)をご負担いただきます。預入レート(円貨から外貨に替えるレート)と払戻レート(外貨から円貨に替えるレート)には為替手数料が含まれております。外貨預金は預金保険の適用対象ではありません。取引を開始するまたは継続して行う場合には、約款および商品説明書をお読みいただき、取引の仕組みやリスクについて十分にご確認いただき、自己の責任においてお取引をいただきますようお願い申し上げます。

 

株式会社ジャパンネット銀行
登録金融機関 関東財務局(登金)第624号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

 

 

 

株式会社ジャパンネット銀行

住所:〒163-0440

東京都新宿区西新宿2-1-1

外貨預金カスタマーセンター:
0120-503-690
(平日・祝日9時~17時/土曜日・日曜日、
12月31日~1月3日、5月3日~5月5日は
休業日)
JNB投資信託カスタマーセンター:
0120-095-104
(平日9時~17時/土曜日・日曜日・祝日、
12月31日~1月3日は休業日)