結婚後の貯蓄は、夫婦それぞれ
「自分の名義の口座」で貯めよう

 では、すでに『夫婦のお金』としていずれか一方の預金口座に片寄せしている場合はどうするといいのか。実態に合わせて、口座を分けておくのが安心だ。

 たとえば、夫の年収が700万円、妻の年収が350万円の夫婦が、結婚してから2人で貯めたお金が妻名義の口座に1200万円あるとする。年収比率は2対1なので、1200万円のうちの3分の2の800万円が夫のお金、3分の1の400万円が妻のお金と考える。

 夫の800万円を妻の名義の口座から夫名義の口座に振り込み、実態に合わせる。このように書くと、「それこそ、妻から夫への贈与と思われるのでは?」と質問を受けることが多いが、そんなことはない。

 仮に税務署に聞かれることがあったとしても「これまで間違えて妻名義に片寄せして貯めてきたので、実態に合わせるために修正しました」と説明すればいいのだ。軌道修正が済んだら、その後は「夫婦それぞれの口座」で貯蓄をしていく。

 妻が専業主婦で妻の口座で貯めていた場合は、『家族のお金』ではなく、「夫のお金」。妻の口座から夫の口座に全額振り込むことで実態に合うことになる。

 これには異論がある人もいるかもしれないが、収入のない人の口座でお金を貯めていると、それこそ税務署は夫から妻への贈与とみるだろう。税務上は、「自分で働いたお金は自分の名義で貯める」のが原則だ。離婚の際の財産分与とは、考え方が異なることを知っておきたい。

 結婚したばかりのカップルなら、最初から「夫婦それぞれの口座」で貯めていくことを実践すればいい。「貯まる共働き」を目指すなら、毎月とボーナスの積立額をお互いオープンにし「ちゃんと貯めている?今年は目標通り貯まった?」と確認し合うこと。この緊張喚起も貯蓄のモチベーションを高めてくれるはずだ。