ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新装版 だから片づかない。なのに時間がない。
【第5回】 2015年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
マリリン・ポール

だらしなさの原因は
子どもの頃の「あの決意」

遅刻、きたない机、守れない約束……。そういう「だらしなさ」から抜け出すために、「整理術」の本を読んでも、絶対に解決しない。だらしない原因は、あなた自身すら思い出せない「過去」にあるから。『だから片づかない。なのに時間がない。』連載5回目は、そんなエピソードです。

「直したい」って、
ホントのホントに思ってる?

 マットは、いくらがんばっても遅刻グセが直らない。度重なる遅刻は勤務成績にも響きはじめ、ピンチに立っていた。仕事の腕は一流だったが、顧客も同僚も彼に対していらだちを募らせていた。ついに意を決したマットは、「遅刻」が意味しているものは何なのか。その原因を心のうちに探ってみることにした。

 そこで試しに、以前のように何がなんでも時間どおりにとがんばるのではなく、毎日少しずつ時間をとり、遅刻したときの「気分」を振りかえってみた。

「遅刻することが、自分にとって何か役に立っているのではないか?」

 するとなぜか、マットは遅刻のたびにちょっとした「勝利」の気分を味わっていることに気づいた。いつも、遅れないようにと必死になっているつもりだった彼にとって、これは予想もしない発見だった。

ずっと思い出さなかった
父親に反発した気もち

 この正体不明の勝利の気分の源泉を掘り下げてみた結果、父親にせかされていた少年時代の記憶にたどり着いた。学校、教会、親戚の集まりなどに行く途中はいつも、「ほら、急いで、早く」という声に追いかけられていた。

 「思いどおりになんかならないぞ」とばかりに、わざとゆっくり歩いたことを思い出した。それどころか「もう誰にも急かされるものか」「絶対に自分の ペースは崩さない」と子どもながらに固く決意したのだ。一番の目標は「到着時間について誰の指図も受けない」ということを示して、父親に反発することだったのだ。

   あのとき、心に決めたことは何ですか?

 それに気づいてから、今の自分の行動を見返してみると、まるで「時間どおりに着くより職を失ったほうがまし」とでも言っているようだった。大昔の決意が、今の自分の無意識の行動につながっていると気づいた。

 「ちょっと待てよ、もう大人だろ。父さんだって亡くなった。そろそろ昔の決意にさよならしてもいい時期だ。遅刻なんかしなくても、自分のペースを守る方法はある」。そんな風に自分をたしなめた。

 マットは無意識の行動パターンを打ち破った。それ以降、遅刻することはなくなった。本当なのだ。危うく遅れそうになるときは、こう自分に言い聞かせた。

 「時間どおりに着くのは、自分のためだ」。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



新装版 だから片づかない。なのに時間がない。

【リバウンドしない自分だけの整理術】12万人が読んだベストセラー『だから片づかない。なのに時間がない。』から、失敗しない整理術のあれこれをご紹介します。「残業続き」「決断が遅い」「探し物が多い」「片づけられない」「遅刻常習犯」「他人から信頼されない」……。そんな「だらしなさ」を今年のうちに解消したい人、必読です。

「新装版 だから片づかない。なのに時間がない。」

⇒バックナンバー一覧