株式レポート
12月18日 17時17分
バックナンバー 著者・コラム紹介
マネックス証券

常軌を逸した政策 株価急落の真相 - ストラテジーレポート

思わず目を疑った。日銀が決定した<「量的・質的金融緩和」を補完するための諸措置の導入>についてである。

<ETFの買入れについて、現在の年間約3兆円の買入れに加え、新たに年間約3000億円の枠を設け、「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の株式を対象とするETFを買入れる。当初は、JPX日経400に連動するETFを買入対象とし、この施策の趣旨に合致する新規のETFが組成された場合には、速やかに買入対象に加える。>(12月18日付「当面の金融政策運営について」日本銀行発表文より)

日銀が、設備投資や人材投資に取り組んでいる企業の株を買うと言っているのだ。設備投資や賃上げにカネを使えと言っているに等しい。正気の沙汰とは思えない。完全に常軌を逸している。これはもはや金融政策の域を逸脱している。

よく投資家から質問を受ける。「日銀が民間企業の株を買ってもいいんですか?」
僕はこう答えていた。「いいんです。日銀は直接企業の株主となって議決権を行使したり経営に関与したりしようとする意図はなく、あくまでも量的質的緩和の一環として、おカネをばらまく手段としてETFを買っているだけだから。その昔、バーナンキ元FRB議長が言った通り、『買うものは何だっていい、ケチャップだっていい』わけだから。それに日銀が買っているのはインデックス(株価指数)に連動するETF、すなわち市場全体におカネを投じているわけです。個別企業を選別しているわけではないのだから」

もうこうした説明ができなくなる。設備投資や人材投資に取り組んでいる企業の株を買うというなら、それは日銀が買う企業を選別するに等しい。選別が入るという意味ならJPX日経400に連動するETFだって、そうではないかとの指摘があるかもしれないが、JPX日経400とTOPIXのパフォーマンスを比較すれば、これはほぼ普通のインデックス運用と変わらないことは明白だ。そうそう目くじらを立てるほどのことはない。

しかし、「設備投資や人材投資に取り組んでいる企業」となったら話は別である。最大の問題点は、「設備投資や賃上げにカネを使う」というのは、株主の立場と利益相反にあるからだ。設備投資や賃上げにカネを使えば、短期的にはコスト増になり、利益が圧縮される。すなわち、株主価値を減価させる。但し、その投資が将来の成長に結びつくなら、必ずしも株主価値にとってネガティブな話ではない。つまりは有効なおカネの使い方ができるのかどうかである。そしてそれを決めるのは第一義に株主から経営を任されている経営者の判断である。そして、成長投資にカネを使うのをよしとするか、有効な使い道がないなら株主に還元せよというか、いずれにせよ、経営者のカネの使い方に注文をつけられるのは株主だけだ。株主と企業の対話を促進する仕組みがスチュワードシップ・コードであり、そういうプロセスを根付かせていこうと官民挙げて取り組んでいるのではなかったか。

僕はアベノミクスの成長戦略のなかで、昨年の「日本再興戦略改訂2014」を比較的高く評価してきた(詳しくはこちらのレポートご参照 「日本株 堅調さの背景 PART2 内と外」)。無論、手放しで誉めちぎるというわけにはいかない。いちばん、おかしいと思うのは、ROEを高めよとか、コーポレートガバナンスを強化しよう、なんてことは「おかみ」(政府)に言われてやることではなく、企業自ら、あるいは株主との対話で決めていくことである。それに政府が口出すというのは社会主義の国営企業ではないか。このアベノミクス相場は「官製相場」だとよく言われるが、僕もそう思う。但し、それはGPIFなどが公的資金で株を買い上げるという意味ではない。政府・官邸主導で描かれた「官製」企業改革のシナリオを、投資家が割り切って買ってきたからだ。「割り切って」というのは、官製だろうがなんだろうが、きっかけはどうでもいいから、とにかく日本企業が株主重視に変わるならいいや、という割り切りである。

しかし、最近は政府による「民事介入」がいちだんと酷くなっていて、ここまでくると、そうした「割り切り」もできなくなりそうだ。安倍首相はじめ主要閣僚や官庁から設備投資や賃上げを求める大合唱。企業も企業である。先日、政府が開いた官民対話で、経団連の榊原定征会長は設備投資を3年間で10兆円増やし、来年は今年を上回る賃上げを期待すると表明した。そのご褒美が法人税の実効税率引き下げである。

経済産業省もここぞとばかり動き始めた。年末から来年1月にかけて、200を超える経済・業界団体に設備投資を増やすように要請する。経団連会長の 「10兆円増」がかけ声倒れにならないように、林幹雄経済産業相ら政務三役や幹部が経済・業界団体の会合に出席して直接要請するのだという。

それもこれも、アベノミクス新3本の矢のためだ。国内総生産(GDP)600兆円を実現するには、設備投資増加や賃金上げが不可欠。法人実効税率を20%台に引き下げることや新たに購入する機械への固定資産税の軽減という「飴玉」を用意した。そこに新たに加えたのが、日銀の補完措置「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の株式を対象とするETF購入である。

アベノミクス相場も3年が経つ。相場用語で「小回り3カ月、大回り3年」というが、まさにアベノミクス相場も3年目の曲がり角に来ている気がする。今日の尋常とは思えない日銀の政策発表は、まさにその「曲がり角」の象徴である。アベノミクスの矢は新旧併せて6本。そのうち、唯一そこそこ機能していたのは日銀の金融緩和だけだった。しかし、ここにきて、その唯一機能していた矢も、事実上折れようとしている。

今日の東京市場の大幅安はまさにそれを暗示してのものだろう。企業の経営者がどういうカネの使い方をするのか - その良し悪しを判断するのは株主であり投資家である。ROEが高いとか、配当が高いとか、成長性があるとか、ぜんぶひっくるめて究極的に言えば、企業のカネの使い方を評価して投資家は市場で株を売買するのだ。そこに、まったく違う観点から企業を評価選別する公的な存在が市場に介入してくる。しかもそれが中央銀行だというのだから、もう滅茶苦茶である。自由を愛する市場がいちばん嫌うことだ。

今週はFRBが9年半ぶりにゼロ金利を解除、金融政策正常化への一歩を踏み出すと言う金融史に残るイベントがあった。その週末、我が国の中央銀行は、別の意味で金融史に残るかもしれない決定をした。無論、世紀の愚策として記録されるような悪い意味で、である。

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)


マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!

 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

 

Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング