HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

現代人に突きつけられた「うつ」というメッセージを読み解く

「結果」のみを求める成果主義―効率優先で失われる「質」の問題

泉谷閑示 [精神科医]
【第8回】

――結局、それは収益につながるのか?

――つべこべ言わずに、結果を出せ!

――まずは、売れてなんぼの話だろ?

 こんな言葉が、いろいろな所で飛び交うようになってきています。

 いつの間にか多くの仕事から大切なものが削ぎ落されて、その「質」が変わってしまった観があります。

 成果主義という人事評価システムが日本でも導入され、今日では多くの企業や組織でも用いられるようになっていますが、これが、近年私たちの仕事を変質させている背景にあるのではないかと思われます。

 成果主義は、「タテ社会」の生んだ年功序列制の不公平感や理不尽さを払拭する合理的な方法として歓迎される一方、このシステムの問題点についても活発に議論されるようになってきています。中には、この評価システムが従業員の心身の負荷を増大させ、「うつ」等による休職者増加の一因になっているのではないかという指摘もあります。

 ここでは、成果主義というシステムが人間の精神に及ぼすさまざまな影響について、掘り下げて考えてみたいと思います。

〈目標・計画・実行〉―実は「人間」にむかない方法論

 成果主義とは、自分で何らかの達成目標を設定し、それをある短期間(1ヵ月~半年程度)でどの程度達成できたかによって評価を下す制度です。

〈目標を設定し、達成するための計画を練り、それを実行する〉

 この一見あたりまえで合理的な方法論が、成果主義の前提にも据えられています。機械ならばこれが最も理にかなった方法なのですが、人間がこの方法を採用した場合には、さまざまな問題が生じてしまいます。

 人間を含めた生き物の最大の特徴は、その即興性にあります。

 しかし、このように合理的に計画された方法論によって、人間の持つ即興性は窒息してしまい、「量」的には目標を達成できても、「質」的には「死んだもの」が生み出されてしまうことになるのです。

 マニュアルに従ったサービス、レシピ通りに作った料理、老舗のチェーン店展開、教えこまれた解釈通りの演奏、原稿を棒読みするスピーチ、等々の中に、即興性という命を失った実例はいくらでも見つかります。

 これらは、いずれも合理的観点からは何ら問題がないように見えても、劣化コピーのように「質」的な問題が生じているのです。

 生産性や効率性を管理する側にとっては、こういった合理的アプローチは理にかなっているように見えますが、働いているのが生き物である人間である以上、このように「質」的な劣化が生じてしまうことを忘れてはならないのです。

1 2 3 >>
このページの上へ

泉谷閑示 [精神科医]

1962年秋田県生まれ。東北大学医学部卒。東京医科歯科大学医学部付属病院医員、(財)神経研究所付属晴和病院医員、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、現在、精神療法を専門とする泉谷クリニック院長。著書に『「普通がいい」という病』(講談社現代新書)と最新刊の『「私」を生きるための言葉』(研究社)がある。
「泉谷クリニック」ホームページ


現代人に突きつけられた「うつ」というメッセージを読み解く

今日急増している「うつ」は、もはや特定の個人の問題と捉えるだけでは十分ではない。現代人が知らず知らずに翻弄されているものの正体は何か。前連載に引き続き、気鋭の精神科医が豊富な臨床経験をもとに読み解く。

「現代人に突きつけられた「うつ」というメッセージを読み解く」

⇒バックナンバー一覧