闇株新聞[2016年]
2015年12月31日公開(2016年1月6日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

正体は明かしていない。
人気ブログ「闇株新聞」で「オリンパス事件」「AIJ投資顧問事件」といった経 済事件をきっかけに、信頼のおける解説でコアな読者をつかんでいる。 ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン(DPM)で有料メルマガ『闇株新聞プレミアム』を配信。
著書に『闇株新聞 the book』(ダイヤモンド社)など。

闇株新聞[2016年]

闇株新聞編集部
 

『闇株新聞』は、新聞、雑誌などの大メディアの経済記者や金融業界関係者、プロ級の個人投資家がひそかに情報源にしている。連載『週刊闇株新聞』では、ダイヤモンド社グループの有料メルマガ・DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)『闇株新聞プレミアム』で配信しているディープな闇株的考察のダイジェストや「闇から暴く相場の真実」というスタンスのもと株、為替、日本国債、世界経済の今後などについて解説していきます。

闇株新聞編集部

ジンバブエが独自通貨を廃止し「人民元」採用、
アフリカに中国の新たな支配地が誕生する!?

経済に潜む闇を白日の下にさらけ出し、独特な視点で切り込む刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」。今週はアフリカ南部の国・ジンバブエが中国の人民元を「通貨」に採用するという、びっくりぽんなニュースを解説!

独裁者の滅茶苦茶な通貨政策の末路

 アフリカ南部にあるジンバブエが人民元を「通貨」にすると報道されていますが、いったいどういうことなのでしょう?よく考えるととても奥が深い問題なので解説します。

 ジンバブエでは2008年頃に天文学的なインフレに見舞われました。原因は独裁者・ムガベ大統領(91歳!)が白人が保有する農場や工場をタダ同然で取り上げたことにありました。農業技術等を持っていた白人たちはジンバブエを去り、経済活動は完全にマヒしてしまいました。

 さらにムガベ大統領は、軍人や公務員への給与支払いや対外債務の返済など必要が生じると、中央銀行に通貨「ジンバブエ・ドル」をいくらでも印刷させて支払いに充てていました。

 「普通の国の中央銀行」が通貨を印刷するときは必ず市中から(普通は銀行のことです)国債など資産を買い入れるので、それだけではインフレになりません。しかし、ムガベ大統領は何の価値の裏付けもとらないまま通貨を大量印刷したので天文学的なインフレを招いてしまったのです。

 そのため周辺国はおろかジンバブエ国民さえもジンバブエ・ドルを信用せず、国内では米ドルや南アフリカ・ランドが流通するようになっていました。そしてついに2015年6月にジンバブエ政府はジンバブエ・ドルの廃止を正式に決定するに至ったのです。

1ドル=3.5京ジンバブエドル!

 その際、ジンバブエ政府は国内に残るジンバブエ・ドルを、なんと3.5京:1で米ドルに交換してしまいました。つまり1米ドル=35000000000000000ジンバブエ・ドルです。

 それまでジンバブエ国内で「流通」していたドルは、ジンバブエ国民が律儀に3.5京ジンバブエ・ドルを銀行や両替商に持ち込んで1米ドルに交換していたのかというと、もちろんそんなことはありません。ジンバブエの近隣国で手に入れた米ドルをポケットにでも入れて持ち込んでいたのでしょう。

 つまり、ジンバブエ国内で流通している米ドルはジンバブエ・ドルから正式に交換されたものではなく「ジンバブエ国内の資産(あるいは財)と交換されることなく取得された米ドル」ということになります。 簡単に言えば「拾ってきた米ドル」と同じです。

 これからジンバブエでは米ドルや南アフリカ・ランドと並んで人民元が「流通」することになりますが、人民元は米ドルや南アフリカ・ランドと違って近隣諸国からポケットに入れて持ち込めるほどアフリカでは流通していません。 いわば「拾って来ることができない通貨」です。

拾ってきた米ドルと拾ってこれない人民元

 中国人民銀行は、貿易黒字や海外からの直接投資などで中国に流入した外貨(主に米ドル)を一元的に買い入れ、それを準備資産として人民元を発行しています。つまり人民元はジンバブエ・ドルのように「いくらでも印刷した紙切れ」ではなく、一応は「価値の裏付け」のある通貨となります。

 その「価値の裏付け」のある人民元を、どのようにジンバブエ国内で流通させる(持ち込む)のか?

 答えは「あげる(贈与する)」と「貸す」と「何か価値のあるもの(たとえば資源鉱山の利権)と交換する」の三択しかありません。それぞれを組み合わせているような気もしますが、大半が「資源鉱山の利権と交換」であると考えます。

 ジンバブエでは国内の政治・経済が長く混乱していたため、どれほど価値のある資源があるのかわかりませんが、世界有数のダイヤモンド産出国であるボツワナの隣国なので有望な資源はありそうです。

 しかし人民元が米ドルや南アフリカ・ランドを押しのけて流通通貨の大半を占めるようになったら、それは中国がジンバブエを経済のみならず国全体を「乗っ取ってしまう」ことにもなります。

 独裁者のムガベ大統領もあと何年も生きるとも思えないため、チベットやウイグルなど武力だけで征服した支配地ではなく、アフリカに中国の「人民元で征服した」新しい支配地が生まれることになります。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!