ZAi ONLINE SPECIAL SITE
ZOL plus
2016年1月28日

東京証券取引所NISAの本命は低コストのETF!
プロの投資家も注目! 話題の
スマートベータ型ETFで効率のよい投資を!

1

NISAで何を買うべきかを悩んでいるなら、中長期的に市場平均を上回るパフォーマンスが期待されるスマートベータ型ETFは要注目だ!

低コストのETFなら中長期的な運用にピッタリ!

高木 亮さん
東京証券取引所 上場推進部 調査役

 NISA(少額投資非課税制度)をきっかけに投資を始めたものの、「個別銘柄を選ぶのは自信がない」と思っている人もいるはず。そこで考えたいのが、ETFに投資すること。特に保有中かかり続ける手数料(信託報酬)が投信に比べて低いETFが注目だ。信託報酬が高いと、長く持つにつれて運用成績をジワジワ圧迫するからだ。低コストで長期保有に適したETFがNISAの本命と言われるゆえんはそこにある。

 そのETFの中で人気急上昇中なのが、スマートベータ型だ。

 「従来のETFは、TOPIXや日経225など市場全体の値動きを表す指数に連動するものが中心でした。これに対しスマートベータ型ETFは、たとえば高配当利回り銘柄で構成したり、売上高など企業の財務指標で組入比率を決めたりと、特定の要素に基づいて算出される新しい指数への連動を目指して運用されます。中長期的に市場平均を上回る成績が期待されています」

 東京証券取引所の高木亮さんはこう説明する。スマートベータは、伝統的な指数への連動を目指すパッシブ運用とアクティブ運用の中間的な存在なのだ。

当広告は、東京証券取引所によるETF/ETNの売買等の勧誘を目的としているものではございません。なお、ETF/ETNの売買においては、各商品または組み入れた有価証券等の価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。ETF/ETNの売買を行われるに際しては、あらかじめ、お取引先の金融商品取引業者より交付される契約締結前交付書面等の内容を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、販売手数料、信託報酬などの手数料等を十分に御理解いただいたうえで、ご自身の判断と責任で行なっていただきますよう、お願い申し上げます。また、当取引所は、当広告および当広告から得た情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損失等の一切について責任を負いません。

 

株式会社東京証券取引所

住所:

〒103-8220

東京都中央区日本橋兜町2番1号

TEL:03-3666-0141(代)

http://www.jpx.co.jp