ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

SMAP解散騒動と所属事務所独立という芸能界のタブー(下)

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第144回】 2016年1月16日
1
nextpage

>>(上)より続く

 「(質問状に)うちの娘と対立していると書いてあったら、飯島に説教するのは当たり前でしょう。派閥があるとしたら、うちの恥(中略)。

 うちはジュリーが生まれたときから、事務所がちゃんとうまくいったら後継ぎにしなきゃいけないと思っていました。少なくとも三ヵ国語、四ヵ国語は読み書きができるようにしているし、小さいころからミュージカルを見せてきた。娘には、英語もフランス語も全部教えています。どんな本でも読めるように、どんな仕事でもできるようにしています。孫にもきちんと英語とフランス語と、中国語も教えています。うちの仕事を継ぐなら英語はマスト。だってミュージカルができないから。いい台本は、その国の言葉で読むべきです。わたしは、そういうつもりで育ててますもの(後略)」

 飯島氏が駆けつけたのは三〇分後のことだったという。そして、噂されているジュリー氏との確執について、語り出した。

 「わたしも被害に遭っている立場で、それはジュリーさんもそうだと思います。ジャニーズ事務所全体がそういうふうに見られている。そのように足を引っ張りたい方もいらっしゃると思うんですよ、事実。こういう芸能界って競争が激しい世界ですので、全くそんなことはないので……」

 記者「嵐とSMAPがあまり共演しないというのは?」

 「別に、意味というのはないと思うんですけれども……」

 このときだ。飯島氏の話に耳を傾けていたメリー氏がおもむろに口を開くのは。
 そして、このときの発言が、飯島氏とSMAPを追い込むことになる。

 「だって踊れないじゃない? 嵐と共演しようにも、SMAPは踊れないじゃないですか(中略)SMAPは、踊れる子たちから見れば、踊れません」

 この発言を知った中居くんはひどく落ち込み、それが退社を決めたきっかけになったとも言われている。メリー氏とのやり取りは続く。

 「飯島派と言うけれども、飯島はいま誰をやってるんだっけ?」

 「SMAP、キスマイとかをやっていますけれども……」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧