ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
貯金のプロが教えるネット銀行活用術
【第8回】 2016年2月10日公開(2016年4月8日更新)
バックナンバー

「貯金のプロが教えるネット銀行活用術」

著者・コラム紹介

八ツ井慶子・ヤツイケイコ

ファイナンシャル・プランナー、CFP®認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引主任者、(社)日本証券アナリスト協会検定会員。大手信用金庫を経て、2001年に「家計の見直し相談センター」の相談員として、FP活動を始める。2013年7月、「生活マネー相談室」を立ち上げる。近著に『レシート○×チェックでズボラなあなたのお金が貯まり出す』(プレジデント社)がある。

貯金のプロが教えるネット銀行活用術

銀行業界出身で、銀行の口座開設マニアでもあるファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子さんが、ネット銀行の金利やサービスを比較して、おすすめのネット銀行を徹底解説! 定期預金や普通預金の金利はもちろん、ATM手数料や振込手数料、さまざまな銀行のキャンペーン情報まで、ネット銀行をあらゆる角度から紹介し、おすすめのネット銀行活用法を紹介します!

八ツ井慶子

「住宅ローン」で得するネット銀行を紹介(第3弾)
ソニー銀行の住宅ローンは低金利以外のメリットも。
優秀なシミュレーションツールはぜひ活用しよう!

1

「マイナス金利」が導入されることによって
住宅ローンにはどんな影響がある?

 今回も、前回前々回から引き続き、「住宅ローン」に力を入れているネット銀行について紹介していきます。

 ただ、その前に、最近「マイナス金利」の導入の発表という、銀行業界にとっては大きな動きがあったので、簡単に解説しておきましょう。

「マイナス金利」とは、“銀行の銀行”である日銀に対して、市中の銀行などが預ける預金の一部に、マイナスの金利が適用されることです。マイナスになるということは、手数料を支払って預金をするようなイメージです。これまでは、いくら低金利と言えど「金利はもらえるもの」でしたが、「マイナス金利」になれば、わざわざ「金利を支払ってお金を預ける」ことになります。
 
 市中の銀行の利用者である私たちにどのような影響があるかといえば、「預ける金利」と「借りる金利」の両方が下がることが挙げられます。私たちの預金が、急に「マイナス金利」になるわけではありませんが、すでにいくつかの銀行では預金金利の引き下げを発表しています。つまり、預金ではますますお金が増えにくくなるわけです。

 一方で、住宅ローン金利など、借りるほうの金利もさらに引き下げられる可能性があります。住宅ローンを借りようとしている人にとっては、プラスの影響でしょう。とはいえ、預金金利も住宅ローン金利も、以前から相当な低金利水準だったので、絶対額としての影響は限定的といえそうです。

 なお、預金が増えにくいからといって、短絡的に投資を増やすというのも考えものです。世の中が低金利水準になるということは、投資をしても、なかなかリターンを得にくい環境でもあるからです。そのため、基本的にはこれまでどおり、投資資金に回すのは、しばらく使う予定のない余裕資金のみにしておきましょう。

商品の充実、ツールの開発などで常に新しいことを手がける
進取の気性に富んだ「ソニー銀行」の住宅ローンとは?

 さて、ここからは本題である住宅ローンの話に戻ります。

 住宅ローンというと、少し前までは店舗がある都銀や地銀で借りるのが当たり前でした。後発で銀行業界に参入したネット銀行が、住宅ローンを取り扱うようになったのは、比較的最近の話です。現在、ネット専業の銀行は10行前後ありますが、今回はそのなかでもいち早く住宅ローン業務に参入した、「ソニー銀行」をピックアップします。

 ソニー銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月4回まで無料
5回目以降は100円

24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:月1回無料
 2回目以降200円

【ソニー銀行のメリット】全国約7万5000台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間365日、何回でも手数料無料で利用可能。毎月決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い?手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
ソニー銀行の公式サイトはこちら

 ご存じのとおり、そもそも「ソニー」といえば、日本を代表するAV機器メーカーです。そんな「ソニー」には、本体のほかに金融部門があります。それが、「ソニーフィナンシャルホールディングス」です。持ち株会社である「ソニーフィナンシャルホールディングス」の傘下にあるのが、「ソニー生命」「ソニー損保」、そして「ソニー銀行」です。

ソニー銀行」の設立は2001年ですが、この時期はネット銀行の黎明期にあたります。そんなに昔ではないようですが、当時は日本の銀行だとカタカナ名も珍しかったので、新しい風が吹いてきたような印象を抱いたものです。

 また、多少旧態依然としたところのある金融業界とは、バックグラウンドが異なるせいでしょうか。「ソニー銀行」には新しいことにチャレンジしようという企業風土があるようで、さまざまな新しい取り組みを率先して行っています。

「ソニー銀行」のサービスサイトである「MONEYKit」は、シンプルかつスタイリッシュで見やすい画面が特徴的。

 例えば、「ソニー銀行」は設立して間もない頃から、外貨預金の取り扱いを充実させていました。この頃は、「外貨預金に強いネット銀行といえば、ソニー銀行」というイメージも根付いていたものです。

 また、「MONEYkit-PostPet」というコンテンツも、斬新で話題になりました。「MONEYKit-PostPet」は普通預金と定期預金の管理をするツールなのですが、目的に合わせて「貯金箱」を作ることができます。

「旅行貯金箱」を作るとしたら、「30万円」などと目標金額を設定し、普通預金から少しずつ「貯金箱」にお金を移していきます。かわいらしいPostPetのキャラクターが貯金箱の見守り役をしてくれて、励ましてくれます。挫折して貯金箱からお金を出すときは、貯金箱を壊すことになるため、PostPetに悲しそうな顔をされることになり、それが(ほんのささやかですが)目標維持のモチベーションにもなります。

 そんな「ソニー銀行」は、ネット銀行としてはいち早く住宅ローンの取り扱いをスタートさせました。住宅ローンは、預金や他の個人向けローンと比較すると、銀行にとっては手間のかかる商品です。銀行にとって、本来の儲けは利ざや(融資金利と預金金利の差)です。そういう意味では、融資を伸ばしていきたいものですが、融資額が多額に及ぶ住宅ローンは、相応のノウハウが必要になります。

 そのため、当初、ネット銀行は積極的に住宅ローンを取り扱っていなかったのですが、「ソニー銀行」はパイオニアとして、住宅ローンの取り扱いに踏み切りました。先陣を切った点は立派だと思います。

 では、「ソニー銀行」の住宅ローンにはどのような特徴があるのでしょう? 

ソニー銀行の住宅ローンは2種類の金利プランがある
金利はネット銀行業界のなかでも比較的低水準

 まず知っておきたいのはソニー銀行」の住宅ローン最初に2つのプランのどちらかを選ぶ必要があるということです。2つのプランは次のとおりです。

●「変動セレクト住宅ローン金利プラン」
●「住宅ローン金利プラン」

「ソニー銀行」の住宅ローンの2つの金利プラン。両者の違いは金利水準とコスト。
拡大画像表示

 この2つのプランの違いは「金利」と「手数料」です。簡単にいうと、「変動セレクト住宅ローン金利」は「低い変動金利」が最大のメリットで、通常の「住宅ローン金利プラン」は「手数料が安い」というのが最大のメリットです。

 原則として、変動金利中心で住宅ローンを組みたい人は「変動セレクト住宅ローン金利プラン」を組みます。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」で住宅ローンを組んでも、後から固定金利に変えることは可能です。ただし、プラン自体を途中で変更することはできません。

 それぞれのプランの金利水準(2016年2月現在)は下図のとおりです。なお、どちらのプランでも、新規で住宅ローンを組む際、自己資金が住宅・土地購入代金等の10%以上なのか、そうでないのかによって、金利が異なります。ここでは、自己資金が10%以上の場合として、金利を紹介します。

■ソニー銀行の2つの住宅ローンプランの金利を比較!
  変動セレクト
住宅ローン金利プラン
住宅ローン金利プラン
 変動金利 0.539% 0.839%
 5年固定 0.826% 0.726%
 10年固定 1.065% 0.965%
 20年固定 1.664% 1.564%
 20年超固定 1.814% 1.714%
※「変動セレクト住宅ローン金利プラン」の固定金利は後日借り換えた場合。最初は変動金利となる。
※金利は2016年2月8日時点

 ちなみに、自己資金が10%未満の場合は、上記の数字よりそれぞれ0.05%ずつ金利が高くなります。借り換えで利用する場合も、0.05%ずつ高くなります。金利に関しては、時期やキャンペーンの有無などで大きく変動しますが、ネット銀行業界の他行と比較しても低水準と言えそうです。

 これを見ると、変動金利で多く借りたい人は「変動セレクト住宅ローン金利プラン」、将来の金利変動リスクをできるだけ抑えたいと考える人は「住宅ローン金利プラン」がいいでしょう。が、2つのプランは金利以外に手数料の計算方法も異なっているので、そちらもチェックすべきです。

 次ページでは、「ソニー銀行」の住宅ローンのコストについて解説します。

クレジットカードおすすめ比較!最新情報はこちら!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!

【2016年6月時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは還元率3.0%から最大7.0%に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上に! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 ビックカメラSuicaカード
1.0~1.5% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
JCB
Suica
ICOCA
ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら!
【ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント】
電子マネー「Suica」利用者がもっとも得するカードがコレ! 初年度年会費無料、年に1回でもカード決済をすれば次年度以降も無料という「実質」年会費無料カードながら、通常還元率が1.0%、「Sucia」や「モバイルSuica」へのチャージ分、JR東日本の切符代金などは還元率1.5%の高還元率を誇る。さらに、「モバイルSuica」の年会費(1000円)も無料になるので、「モバイルSuica」ユーザーはチャージ専用クレジットカードとして利用するだけでもお得!
(※ 2年目以降477円。ただし、年一回でも利用すれば次年度以降も無料)
【関連記事】
◆Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚は?「ビックカメラSuicaカード」は、実質年会費無料で「ビューカード」でもっとも高い還元率1~1.5%に!
ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら!の公式サイトはこちら!

 

クレジットカードのおすすめはコレだ!

【Yahoo! JAPANカード】
年会費無料ながら、利用金額の1.0~3.0%分の
「Tポイント」が貯まる!⇒関連記事はこちら

Yahoo! JAPANカード公式サイトはこちら
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

増配が続く高配当株
億万長者の投資法
総会みやげベスト48

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【別冊付録:億万長者224人の思考術&儲け方】
桐谷さんがアノ会社の株主総会で吠えた!
・年内の日経平均&ドル・円の上値と底値
・給料は増えない!サラリーマンよ株を買え
・個人投資家が過去1年に買った株&投信40
5期以上連続で増配を継続中の高配当株
・利益の成長で5年後の配当金3倍が狙える株
株主還元に積極的で業績安定の高配当株
人気高配当株の減配危険度メッタ斬り
・高値突破は通過点の最高益更新株20
株主総会のお土産&懇親会ベスト48
・2020年にマンション価格は急落する!
・人気高分配型投信のタコ足分配危険度
・利回り3%超で約60年連続増配の米国株

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

お得な株主優待情報!最新情報、株主優待ランキング!他お得な情報を更新中! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!