貯金のプロが教えるネット銀行活用術
【第8回】 2016年2月10日公開(2016年12月5日更新)
バックナンバー

「貯金のプロが教えるネット銀行活用術」

著者・コラム紹介

八ツ井慶子・ヤツイケイコ

ファイナンシャル・プランナー、CFP®認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引主任者、(社)日本証券アナリスト協会検定会員。大手信用金庫を経て、2001年に「家計の見直し相談センター」の相談員として、FP活動を始める。2013年7月、「生活マネー相談室」を立ち上げる。近著に『レシート○×チェックでズボラなあなたのお金が貯まり出す』(プレジデント社)がある。

貯金のプロが教えるネット銀行活用術

銀行業界出身で、銀行の口座開設マニアでもあるファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子さんが、ネット銀行の金利やサービスを比較して、おすすめのネット銀行を徹底解説! 定期預金や普通預金の金利はもちろん、ATM手数料や振込手数料、さまざまな銀行のキャンペーン情報まで、ネット銀行をあらゆる角度から紹介し、おすすめのネット銀行活用法を紹介します!

八ツ井慶子

「住宅ローン」で得するネット銀行を紹介(第3弾)
ソニー銀行の住宅ローンは低金利以外のメリットも。
優秀なシミュレーションツールはぜひ活用しよう!

1

「マイナス金利」が導入されることによって
住宅ローンにはどんな影響がある?

 今回も、前回前々回から引き続き、「住宅ローン」に力を入れているネット銀行について紹介していきます。

 ただ、その前に、最近「マイナス金利」の導入の発表という、銀行業界にとっては大きな動きがあったので、簡単に解説しておきましょう。

「マイナス金利」とは、“銀行の銀行”である日銀に対して、市中の銀行などが預ける預金の一部に、マイナスの金利が適用されることです。マイナスになるということは、手数料を支払って預金をするようなイメージです。これまでは、いくら低金利と言えど「金利はもらえるもの」でしたが、「マイナス金利」になれば、わざわざ「金利を支払ってお金を預ける」ことになります。
 
 市中の銀行の利用者である私たちにどのような影響があるかといえば、「預ける金利」と「借りる金利」の両方が下がることが挙げられます。私たちの預金が、急に「マイナス金利」になるわけではありませんが、すでにいくつかの銀行では預金金利の引き下げを発表しています。つまり、預金ではますますお金が増えにくくなるわけです。

 一方で、住宅ローン金利など、借りるほうの金利もさらに引き下げられる可能性があります。住宅ローンを借りようとしている人にとっては、プラスの影響でしょう。とはいえ、預金金利も住宅ローン金利も、以前から相当な低金利水準だったので、絶対額としての影響は限定的といえそうです。

 なお、預金が増えにくいからといって、短絡的に投資を増やすというのも考えものです。世の中が低金利水準になるということは、投資をしても、なかなかリターンを得にくい環境でもあるからです。そのため、基本的にはこれまでどおり、投資資金に回すのは、しばらく使う予定のない余裕資金のみにしておきましょう。

商品の充実、ツールの開発などで常に新しいことを手がける
進取の気性に富んだ「ソニー銀行」の住宅ローンとは?

 さて、ここからは本題である住宅ローンの話に戻ります。

 住宅ローンというと、少し前までは店舗がある都銀や地銀で借りるのが当たり前でした。後発で銀行業界に参入したネット銀行が、住宅ローンを取り扱うようになったのは、比較的最近の話です。現在、ネット専業の銀行は10行前後ありますが、今回はそのなかでもいち早く住宅ローン業務に参入した、「ソニー銀行」をピックアップします。

 ソニー銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月4回まで無料
5回目以降は100円

24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:月1回無料
 2回目以降200円

【ソニー銀行のメリット】全国約7万5000台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間365日、何回でも手数料無料で利用可能。毎月決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い?手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
ソニー銀行の公式サイトはこちら

 ご存じのとおり、そもそも「ソニー」といえば、日本を代表するAV機器メーカーです。そんな「ソニー」には、本体のほかに金融部門があります。それが、「ソニーフィナンシャルホールディングス」です。持ち株会社である「ソニーフィナンシャルホールディングス」の傘下にあるのが、「ソニー生命」「ソニー損保」、そして「ソニー銀行」です。

ソニー銀行」の設立は2001年ですが、この時期はネット銀行の黎明期にあたります。そんなに昔ではないようですが、当時は日本の銀行だとカタカナ名も珍しかったので、新しい風が吹いてきたような印象を抱いたものです。

 また、多少旧態依然としたところのある金融業界とは、バックグラウンドが異なるせいでしょうか。「ソニー銀行」には新しいことにチャレンジしようという企業風土があるようで、さまざまな新しい取り組みを率先して行っています。

「ソニー銀行」のサービスサイトである「MONEYKit」は、シンプルかつスタイリッシュで見やすい画面が特徴的。

 例えば、「ソニー銀行」は設立して間もない頃から、外貨預金の取り扱いを充実させていました。この頃は、「外貨預金に強いネット銀行といえば、ソニー銀行」というイメージも根付いていたものです。

 また、「MONEYkit-PostPet」というコンテンツも、斬新で話題になりました。「MONEYKit-PostPet」は普通預金と定期預金の管理をするツールなのですが、目的に合わせて「貯金箱」を作ることができます。

「旅行貯金箱」を作るとしたら、「30万円」などと目標金額を設定し、普通預金から少しずつ「貯金箱」にお金を移していきます。かわいらしいPostPetのキャラクターが貯金箱の見守り役をしてくれて、励ましてくれます。挫折して貯金箱からお金を出すときは、貯金箱を壊すことになるため、PostPetに悲しそうな顔をされることになり、それが(ほんのささやかですが)目標維持のモチベーションにもなります。

 そんな「ソニー銀行」は、ネット銀行としてはいち早く住宅ローンの取り扱いをスタートさせました。住宅ローンは、預金や他の個人向けローンと比較すると、銀行にとっては手間のかかる商品です。銀行にとって、本来の儲けは利ざや(融資金利と預金金利の差)です。そういう意味では、融資を伸ばしていきたいものですが、融資額が多額に及ぶ住宅ローンは、相応のノウハウが必要になります。

 そのため、当初、ネット銀行は積極的に住宅ローンを取り扱っていなかったのですが、「ソニー銀行」はパイオニアとして、住宅ローンの取り扱いに踏み切りました。先陣を切った点は立派だと思います。

 では、「ソニー銀行」の住宅ローンにはどのような特徴があるのでしょう? 

ソニー銀行の住宅ローンは2種類の金利プランがある
金利はネット銀行業界のなかでも比較的低水準

 まず知っておきたいのはソニー銀行」の住宅ローン最初に2つのプランのどちらかを選ぶ必要があるということです。2つのプランは次のとおりです。

●「変動セレクト住宅ローン金利プラン」
●「住宅ローン金利プラン」

「ソニー銀行」の住宅ローンの2つの金利プラン。両者の違いは金利水準とコスト。
拡大画像表示

 この2つのプランの違いは「金利」と「手数料」です。簡単にいうと、「変動セレクト住宅ローン金利」は「低い変動金利」が最大のメリットで、通常の「住宅ローン金利プラン」は「手数料が安い」というのが最大のメリットです。

 原則として、変動金利中心で住宅ローンを組みたい人は「変動セレクト住宅ローン金利プラン」を組みます。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」で住宅ローンを組んでも、後から固定金利に変えることは可能です。ただし、プラン自体を途中で変更することはできません。

 それぞれのプランの金利水準(2016年2月現在)は下図のとおりです。なお、どちらのプランでも、新規で住宅ローンを組む際、自己資金が住宅・土地購入代金等の10%以上なのか、そうでないのかによって、金利が異なります。ここでは、自己資金が10%以上の場合として、金利を紹介します。

■ソニー銀行の2つの住宅ローンプランの金利を比較!
  変動セレクト
住宅ローン金利プラン
住宅ローン金利プラン
 変動金利 0.539% 0.839%
 5年固定 0.826% 0.726%
 10年固定 1.065% 0.965%
 20年固定 1.664% 1.564%
 20年超固定 1.814% 1.714%
※「変動セレクト住宅ローン金利プラン」の固定金利は後日借り換えた場合。最初は変動金利となる。
※金利は2016年2月8日時点

 ちなみに、自己資金が10%未満の場合は、上記の数字よりそれぞれ0.05%ずつ金利が高くなります。借り換えで利用する場合も、0.05%ずつ高くなります。金利に関しては、時期やキャンペーンの有無などで大きく変動しますが、ネット銀行業界の他行と比較しても低水準と言えそうです。

 これを見ると、変動金利で多く借りたい人は「変動セレクト住宅ローン金利プラン」、将来の金利変動リスクをできるだけ抑えたいと考える人は「住宅ローン金利プラン」がいいでしょう。が、2つのプランは金利以外に手数料の計算方法も異なっているので、そちらもチェックすべきです。

 次ページでは、「ソニー銀行」の住宅ローンのコストについて解説します。

 ◆住宅ローン金利ランキング[借り換え]
住宅ローン「実質金利」ランキング(35年固定)一覧!
住宅ローン実質金利ランキング(リフォーム一括)一覧!
住宅ローン「実質金利」ランキング(10年固定)一覧!
住宅ローンと家計の悩みを解決する「お金がたまる住宅ローン相談室」はこちら!
住宅ローン「実質金利」ランキング(5年固定)!
新規借入れ住宅ローン「実質金利」ランキング(35年固定)一覧!
住宅ローン「実質金利」ランキング(変動金利)
住宅ローンおすすめ比較トップページはこちら!
【2016年12月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(借り換え)
※借入金額3000万円、借り入れ期間35年、団信加入で計算(詳細な条件は表組の下に記載)
順位 実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1位 ◆楽天銀行 <変動金利(固定特約付き)変動金利>
0.571% 0.507% 0円 32.4万円
【楽天銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
金利、諸経費が安いだけでなく、固定金利期間終了後に適用される金利も安めで、実質金利で見て競争力が高い。事務手数料は一律32万4000円であり、他のネット銀行の多くが採用する2.16%に比べて安い。また、事前審査の結果は最短で翌日、本審査は3~4日で回答する。店舗に行かず契約が可能
2位 ◆ARUHI <MR.住宅ローンREAL 変動金利 頭金20%以上>
0.626% 0.497% 0円 借入額×2.16%
【ARUHIの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIモーゲージから社名変更した住宅ローン専門の金融機関。フラット35の実行件数ナンバー1で、全国の店舗で相談可能。金利設定は低いが、諸経費は2.16~3.24%と比較的高め。8疾病保障特約(保険料別)も付帯できる。事前審査は最短で当日、本審査は最短3営業日のスピード審査が特徴
ARUHIの住宅ローンの公式サイトはこちら
【関連記事】[ARUHIの住宅ローンの金利・手数料は?]「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続1位!最高10割まで融資可能、付帯する保険も充実
2位 ◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン 変動金利>
0.626% 0.497% 0円 借入額×2.16%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯。ネットだけで契約を完了でき、仮審査は最短即日回答、契約は最短10日とい短期間での契約が可能だ
じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
【関連記事】[じぶん銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利は業界トップクラスの低金利!がんになると住宅ローンが半減する団信が無料
2位 住信SBIネット銀行 <当初引下げプラン 変動金利>
0.626% 0.497% 0円 借入額×2.16%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、表面金利の低さではトップクラス。通常の団信に加えて、「8疾病保障」を無料で付帯しており、魅力的だ。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている
5位 ソニー銀行 <変動セレクト 変動金利>
0.678% 0.549% 0円 借入額×2.16%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.16%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。もう一つの商品である「通常の住宅ローン」は全期間固定と一定期間固定の商品に強みがあり、借り入れ時の金利が低いだけでなく、固定期間終了後の金利も低めに設定されている。全期間固定(20年超)なら、こちらを選ぼう。
ソニー銀行のお申し込みはこちら
【関連記事】[ソニー銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]業界トップクラスの低金利や安い諸経費が人気!来店不要で迅速な対応が売りで、対面相談も可能!
6位 イオン銀行 <金利プラン(定率型) 変動金利>
0.699% 0.570% 0円 借入額×2.16%
【イオン銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
イオンでの買い物が5年間、5%オフになる(買い物額で年間90万円まで)ので、合計で最大22.5万円分のメリットがある。固定期間終了後の金利優遇幅が大きく、実質金利では上位に顔を出す。売買契約金額・工事請負契約金額の105%まで借りられるので、諸経費やリフォーム費用も住宅ローンと一緒に、低い金利で借りられる
イオン銀行の住宅ローンのの公式サイトはこちら
【関連記事】[イオン銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]契約後5年間はイオングループでの買い物5%OFF!8大疾病に2つのガンを追加できる充実の保障特約も
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
 【2016年12月1日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.12%
0.10% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.12%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.12%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと120倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.18%
0.01%
0.01%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.14%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2016年12月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

【じぶん銀行】
auスマホの引き落とし先に設定すると、2年間で
最大4800円分のポイントが!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
  • 「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」で
    普通預金金利が6倍に!⇒関連記事はこちら

    「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら
  • 「新生銀行」は、ATMの出金手数料が無条件で
    いつでも何回でも無料!⇒関連記事はこちら

    新生銀行公式サイトはこちら!
  • 「住信SBIネット銀行」は、SBI証券と連動
    させれば金利もアップ!
    !⇒関連記事はこちら

    住信SBIネット銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!