ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「壁を壊す」-事業構造改革で目指したもの 吉川廣和
【第3回】 2008年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉川廣和 [DOWAホールディングス(株)会長・CEO]

時代を切り拓くリーダーに求められる資質とは
DOWAホールディングス会長が語る企業改革“実戦記”(3)

1
nextpage

 我々は「改革」を「改善」とは考えていません。「改善」は現状の延長線上で変えていくことであり、「改革」は現状を意識するのではなく、新たに創り変えていくことだと考えています。

 この「改革」を実行したときに、我々が重要視したポイントは先輩たちへの配慮等は一切考えないことでした。そういったことは全て忘れ、事業のSWOT分析を行いました。

 SWOT分析では、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の4つの要素から、事業の目指す姿を描きます。この時、目指す姿は現実に則して描いていきます。その上で目指す姿を実現するために、道筋を探していくのです。このときに我々が大事にしたのは5W1Hの考え方です。

 もし新たな事業を手がけたいという社員がいれば、それを認めます。

 その場合、どのように手がけるのか、実際に進めることができるのか、そのうえで、成果を約束できるのかというところまでやります。これでうまくいかなければ、もう一度、「目指す姿」を描くところからやり直します。それをすることで最後に計画ができあがります。

 次に計画の実行にあたっては、PDCAを実施します。

 PDCAを行うにあたり、中計は年度ごとに必ず策定します。予算はそれに基づいて出来上がりますから、それを月次と中間、さらに、年度末の3回チェックします。そのときは数字だけのチェックにとどまらず施策でチェックします。あくまでも施策で約束したのだから、その施策が出来ているかどうか、それらが、どこまでできたかということをチェックしていきます。

 評価は数字のみを重視しません。もし仮に百億儲けて、予算をオーバーして達成したところで、実施した施策が粗雑な場合は評価しません。

 公約した施策がそのとおりにできているかどうかが、大切です。施策が計画したとおりに実行できれば、数字は後からついてきます。そのことを貫いたことが結果的には、実績を上げることにつながるのです。

リーダーとは改革を続けられる人、
軸がぶれない人

 まずリーダーに求められる資質は何かというと、「改革を続けられる人」だと思います。リーダーとは実行力があって何だとか、先見性があって…、といろいろ言われますが、大切なのは「改革を続けられる人」だと思います。これは「改革をできる人」ではなく、あくまで「改革を続けられる人」です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


吉川廣和 [DOWAホールディングス(株)会長・CEO]

1942群馬県生まれ。1966年東京大学教育学部(行政科)卒業後、同年同和鉱業(現DOWAホールディングス)入社。2002年社長・CEO、2006年会長・CEOに就任、現在に至る。ほかにも、藤田観光株式会社会長、日本経済団体連盟常任理事、日本鉱業振興会会長、環境省 中央環境審議会委員、日本資源大学校理事長などを務める。


「壁を壊す」-事業構造改革で目指したもの 吉川廣和

圧倒的なスピードと実行力で事業・組織・風土改革を成し遂げたDOWAホールディングス。7年で経常利益を10倍にした老舗企業の破壊的改革の軌跡を経営者自らが語る。

「「壁を壊す」-事業構造改革で目指したもの 吉川廣和」

⇒バックナンバー一覧