ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

“夫婦愛ホルモン”が危ない!
「ストレスで愛が冷める女」「浮気が止まらない男」

――高年収ほど夫婦仲に赤信号?

西川敦子 [フリーライター]
【第10回】 2008年9月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中田堅司課長はすっかり困っていた。

 部下の池面持夫くんは名前の通り、かなりのモテモテ男。女子社員の間では人気ナンバーワンだ。おかげで入社以来、恋の噂が途絶えることはなかった。そしてとうとう昨年、10歳も年下の後輩とめでたくゴールイン。「やれやれ、これでようやくあいつも大人しくなるな」と思ったとたん、またしても社内恋愛(不倫)の泥沼にはまった。しかも、相手は1人ではなく2人だ。

 最初は「プライベートなことに介入してもしかたがないし」と素知らぬ顔をしていた中田氏。しかし先週、なんと愛人2人が社内で口喧嘩を始め、やがてつかみ合いの大立ち回りを演じる、という大変な騒ぎが起きた。1人はそのまま会社を飛び出し、以来、欠勤を続けている。

 「池面め、女性を泣かせるなんて困った奴だな。しかし、ちょっと羨ましいぞ…」

 中田氏にしてみれば複雑な気分だ。結婚して10年、妻と可愛い娘たちのためにひたすら働いてきた自分。かたや次々に女性に手を出し、いっこうに落ち着きのない池面くん。同じ男といえ、この違いは何なのだろう。池面は責任感というもののかけらも持ち合わせていないのだろうか?

「愛と絆」を生む
ホルモンとは?

  「浮気の虫を封じる薬」があれば、世の妻、夫はどれほど助かることだろう。もちろん、今のところそんなしろものはどこにも売っていないが、ひょっとすると将来、こうした薬がお目見えしないとも限らない。

 さて、その薬のもとになるモノとは――。

 「それは、パゾプレッシンとオキシトシンです。バゾプレッシンは、抗利尿作用や血圧上昇作用のあるホルモン。オキシトシンは出産の時に子宮を収縮させ、授乳期には乳汁を出すホルモンです。バゾプレッシンとよく似た物質で、脳の中では共通の受容体(ホルモンをキャッチする分子)を介している可能性があるといわれています」

 こう説明するのは、日本医科大学大学院医学研究科システム生理学分野の佐久間康夫教授だ。この事実は、ハタネズミを用いた実験結果でもあきらかである。

  ハタネズミの一種、プレーリーハタネズミのオスは一夫一妻を貫いているうえ、子育てにも参加する感心なネズミだ。反対に、メドーハタネズミのオスはあちこちのメスをナンパして歩く。もちろん、子どものことなど見向きもしない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧