中国 2016年2月5日

今年も爆買いは続くのか?
春節がひとつの試金石に

2006年に中国に移住し、蘇州、北京、広州、そして08年からは上海に在住。情報誌の編集長を経て現在はフリーランスとして活躍する大橋さんの中国レポート。昨年の流行語にもなった中国人観光客による「爆買い」は今年も続くのか? 諸説あるなか、大橋さんはさらなるマーケティングの必要性を指摘する。

旧正月中に約600万人が海外旅行へ

 2015年の国内総生産(GDP)が前年比6.9%増と発表され、その伸びがいっそう鈍化したことにより(といっても十分高い数値だと思うのだが)、中国経済の先行きが懸念されるなか、日本では中国人観光客による爆買いがいつまで続くかへの関心が高まっている。

 間もなく迎える旧正月連休(2月7日~13日)が試金石となりそうだが、大手旅行サイト「携程(Ctrip)」は1月14日に発表したレポートで、同期間中に約600万人が海外旅行に出かけると予想している。昨年が518万2000人だったので、15%以上の増加である。通年でも、前年比8%増の1億2600万人に達するという報道もある。

 海外旅行客数の増加は、中国国内旅行の魅力低下も影響しているように思う。中国では、国内旅行にかかる費用がけっして安くない。有名観光地は入場料が高額だし、年間を通じて祝日が少ないために、連休中はどの観光地もひとが殺到し、航空運賃や宿泊代も高騰する。海外の近場に行くのとコスト的には大きく変わらず、格安航空会社(LCC)の路線拡大により海外旅行は庶民にも手の届く存在になってきた。

中国最大のLCC、春秋航空が就航する茨城空港は、中国人であふれかえっている【撮影/大橋史彦】

各国が狙う中国人観光客

 Ctripのレポートでは人気海外旅行先が挙げられているが、日本は韓国を抜いて2位にランクインしている。

1位 タイ
2位 日本
3位 韓国
4位 台湾
5位 シンガポール
6位 香港
7位 米国
8位 インドネシア
9位 マレーシア
10位 オーストラリア

 だからと言って、中国人の訪日観光が今年も安泰かというと、そうとは限らない。昨年、爆発的に増えたのは外部要因によるところも大きいからだ。

人気旅行先のひとつである台湾。台北桃園空港で記念撮影をする中国人観光客【撮影/大橋史彦】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。