ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
成功する人の考え方
【第22回】 2016年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
加地太祐 [経営者、陽明学者]

成功する人は心を添える

「人生を変えたい」「夢を実現したい」と思う人は多い。しかし、一体どれだけの人がその実現に向け努力しているだろうか。現役の経営者で陽明学者の加地太祐氏は、「成功するためには、何より実践が大事」と説く。本連載では、加地氏の初の著書成功する人の考え方』(ダイヤモンド社より1月16日に発売)の内容をベースに、成功に必要なポイントをお伝えしていく。もし営業成績が上がらない、今一つ商品が売れない……。そんな状況にあるとしたら、キミの心に問題があるのかもしれない。

人気漫才師のネタ

 あるイベントでとても有名と言われる芸人さんを紹介して頂いた。

 周りの人たちはニコニコしながら彼の周りを取り囲むのだけれど、お笑い番組を見ない僕は何も知らなかった。

 そこでインターネットで彼を調べてみると、さすが有名なだけあって沢山の動画やネタの台詞などが見つかった。

 オフィスで動画を見るわけにも行かないので「ネタの台本」を読んでみると……。

 まったく面白くない!

 なんでこんな内容が人気なの?と思えるほど面白くないのだ。

 帰宅後、改めて動画で彼のネタを見てみる。

 あれ?

 さっき読んだ台本と同じ内容なのに、めちゃくちゃ面白くなっているのだ。
動画だと面白いのに文字だと面白くない。

 こんな経験は会社経営をしていても良くあることだ。

 どんなに素晴らしい商品で、営業トークが完成していても相手に与える印象は様々であり、ひとりひとり成果が違う。

 仕事も芸も、知恵を絞って出来上がるネタというものがある。それをどのように相手に伝えるか?で結果が必ず変わるのだ。

 確かに、商品の善し悪しは大事だろう。

 しかし、それよりも大切なのは「素晴らしい商品をどのように伝えるのか?」だ。

 もしキミが商品に自信があっても「売ることができない」と悩んでいるなら、キミに問題があるのかも知れない。

 著者のフェイスブックサイトはコチラ→https://www.facebook.com/seikousuru/

心のラッピング

成功する人は必ず、商品に自分の心を添えている

 どれだけ綺麗なラッピングをしようとも、キミの心が一緒に添えられていなければ意味はない。そこが売れる人と売れない人の違いなのだ。

 先述の芸人さんのネタもそうだが、仮に僕が彼のネタを披露しても、失笑はあっても爆笑を得ることはできないだろう。

 それは、彼ほどの思いが僕に備わっていないからだ。

 つまり、売れる、売れないという結果は「商品の内容+自分の心」が大きく影響している。

 この「心の差」を僕らは意識しなければならない。

 そして「心の差」は与える側だけの問題ではない。

 素晴らしい先生や学習方法を学んでも、成績を残せる人、残せない人がいる。彼らも心が違うのだ。

 「この先生は面白くない」
「この先輩はダメだ」

 すぐにこんな思考をする人間は、どんなに素晴らしい内容でも自分の中でフィルターを作る。

 逆に、この先生から学んでやろう!この先輩を超えてやろう!と考えている人は、どんなに些細なことでも自分の成長へと繋げる。

学び手が本物であれば、師はどこからでもやってくる

 素晴らしいものを届けるのも、受け取るのもキミの心が影響していることを意識しなければならない。

加地太祐(かじ・たいすけ)
1976年大阪生まれ。株式会社aim代表取締役。
阪南大学高等学校中退後、溶接工に。その後、サラリーマンになり英会話スクールに通うが、1年後の2004年に通っていた英会話スクールが倒産。当時の従業員に「給料を数ヵ月もらわぬままオーナーが失踪したので助けてください!」と生徒なのに相談される。月商18万円で家賃支払いが23万円と大赤字なのにもかかわらず、「可哀想だから」と400万円を借金して援助し、サラリーマンを続けながら思いがけずオーナー経営者になる。
しかし、3ヵ月で資金がなくなり、助けてと言った従業員も退職。その後、英会話スクールの経営を実弟にまかせるが、1年後に病死する。この人生のどん底のときに安定したサラリーマンを辞め、給料の出ない英会話スクール経営1本に絞る。その後、NOVAが倒産し英会話教師だった外国人失業者があふれた。彼らを黙って見過ごせないと、生徒が増えたわけでもないのに日払いで外国人を雇う。この行動が新聞に紹介され、それがもとで生徒数が飛躍的に増え、以後、順調に業績を伸ばす。
2015年2月6日、交通事故に合い5日間意識不明に。6日目に目覚めたとき、「このまま死んだら僕はこの世界に何も残していないことになる」と愕然とする。
それがきっかけで、スタッフや愛する娘たちに残せるのは「言葉しかないのだ」と悟り「成功する人の考え方」の連載をスタート。純粋に言葉の力を試すために名前をふせたままスタートするも幸運にも支持を得て開始8ヵ月で3万いいね!を突破。月間リーチ数250万人の人気ウェブサイトに成長する。年間1000人以上の経営者と対話し、会社経営を行う傍ら、1人でも多くの成功者を世に出したいと、日夜、記事の執筆に精力を注いでいる。山田方谷を学ぶ実践塾「方谷 塾」塾頭、陽明学者。
所属団体 
・盛和塾<大阪> 世話人。稲盛和夫の経営者塾世話人
・EO Osaka<Entrepreneur Organization> 理事。アメリカに母体を持つ経営者団体。年商100万ドル以上の経営者が集まる団体
成功する人の考え方HP http://ekusia.com/
フェイスブックページ  https://www.facebook.com/seikousuru/
 

※次回は、2月16日(火)に掲載します。

著者が毎日書いているコラムはコチラ→https://www.facebook.com/seikousuru/


 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
統計学が最強の学問である[ビジネス編]

統計学が最強の学問である[ビジネス編]

西内 啓 著

定価(税込):本体1,800円+税   発行年月:2016年9月

<内容紹介>
累計43万部突破の超人気シリーズに、ついに文系でもわかる「実用書」が登場! 「ビジネス×統計学」の最前線で第一人者として活躍する著者が、。日本人が知らない「リサーチデザイン」の基本を伝えたうえで、経営戦略・人事・マーケティング・オペレーションで統計学を使う知恵と方法を詳細に解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、9/18~9/24)


注目のトピックスPR


加地太祐[経営者、陽明学者]

かじ・たいすけ/1976年大阪生まれ。株式会社aim代表取締役。
阪南大学高等学校中退後、溶接工に。その後、サラリーマンになり英会話スクールに通うが、1年後の2004年に通っていた英会話スクールが倒産。当時の従業員に「給料を数ヶ月もらわぬままオーナーが失踪したので助けてください!」と生徒なのに相談される。 月商18万円で家賃支払いが23万円と大赤字なのにも関わらず、「可哀想だから」と400万円を借金して援助し、サラリーマンを続けながら思いがけずオーナー経営者になる。
しかし、3ヶ月で資金がなくなり、助けてと言った従業員も退職。その後、英会話スクールの経営を実弟にまかせるが、1年後に病死する。 この人生のどん底のときに安定したサラリーマンを辞め、給料の出ない英会話スクール経営1本に絞る。 その後、NOVAが倒産し英会話教師だった外国人失業者があふれた。 彼らを黙って見過ごせないと、生徒が増えたわけでもないのに日払いで外国人を雇う。 この行動が新聞に紹介され、それがもとで生徒数が飛躍的に増え、以後、順調に業績を伸ばす。
2015年2月6日、交通事故に合い5日間意識不明に。6日目に目覚めたとき、「このまま死んだら僕はこの世界に何も残していないことになる」と愕然とする。
それがきっかけで、スタッフや愛する娘たちに残せるのは「言葉しかないのだ」と悟り「成功する人の考え方」の連載をスタートする。 純粋に言葉の力を試すために名前をふせたままスタートするも幸運にも支持を得て開始8ヶ月で3万いいね!を突破。月間リーチ数250万人の人気ウェブサイトに成長する。 年間1000人以上の経営者と対話し、会社経営を行う傍ら、1人でも多くの成功者を世に出したいと、日夜、記事の執筆に精力を注いでいる。 山田方谷を学ぶ実践塾「方谷塾」塾頭、陽明学者。
所属団体
 ・盛和塾<大阪> 世話人 稲盛和夫の経営者塾世話人
 ・EO Osaka<Entrepreneur Organization> 理事 アメリカに母体を持つ経営者団体。年商100万ドル以上の経営者が集まる団体

 


成功する人の考え方

いつの時代も変わらない、成功をめざす人が身につけたい思考と行動の原理原則とは何かを、経営者であり、陽明学者でもある著者がやさしく語りかける。フェイスズックで月間リーチ数250万を超える人気コラムの作者がダイヤモンド・オンラインの読者に特別に贈る人生を変えるヒント。

「成功する人の考え方」

⇒バックナンバー一覧