ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1日36万円のかばん持ち
【第9回】 2016年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
小山 昇

ハウステンボス、ディズニーランド、
旭山動物園……
3つの共通点とは?

★【三流】は、「目前」の利益に焦点
★【二流】は、「今期」の利益に焦点
★【一流】は、「未来」の利益に焦点

1
nextpage

小山昇と「かばん持ち社長」との会話

小山 昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。
「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を毎年増収増益の優良企業に育てる。2001年から同社の経営のしくみを紹介する「経営サポート事業」を展開。現在、600社以上の会員企業を指導しているほか、「実践経営塾」「実践幹部塾」「経営計画書セミナー」など、全国各地で年間240回以上の講演・セミナーを開催。1999年「電子メッセージング協議会会長賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選最優秀賞」をそれぞれ受賞。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修(=1日36万円の「かばん持ち」)が年々話題となり、現在、70人・1年待ちの人気プログラムとなっている。『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』朝30分の掃除から儲かる会社に変わる『強い会社の教科書』(以上、ダイヤモンド社)、『99%の社長が知らない銀行とお金の話』『無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術』(以上、あさ出版)、『【増補改訂版】仕事ができる人の心得』(CCC メディアハウス)などベスト&ロングセラー多数。
【ホームページ】 http://www.m-keiei.jp/

金原  今年はそれなりに利益が出ました。税金を払うのがもったいないので、役員になっている私の母親を退職させようと思っているんです。

小山  ……。今、お母さんを辞めさせてはいけない。長い目で考えないとダメです。

金原  では、税金を払ったほうがいい、と?

小山  お店の 「壁紙」 を全部貼り替えて、キレイにしなさい。節税よりも、お客様がひと目見て、「あ、変わったな」と思うことに投資するのが、正しい。

目の前の利益より「未来の利益」に目を向ける

 中小企業にとって大切なのは、「年々売上を伸ばし、未来のお客様に利益を投資していくこと」です。お金は、「お客様を増やすこと」に使う

 ところが、「かばん持ち」をした社長の多くは、そのことがわかっていません。

 株式会社テイル(飲食業)は、京都・大阪・兵庫・奈良・愛知にお好み焼・鉄板焼店「きん太」(20店舗)を展開するお好み焼チェーンです。

 テイルの金原章悦社長も、ご多分に漏れず、目先の利益にとらわれていた社長のひとりです。
金原社長は、節税のことばかり気にかけていました。

 そこで、「役員になっている母親に退職してもらおう」と考えた。役員退職金には分離課税などの優遇があるからです。

 たしかに、退職金を払えば節税になります。でもそれは、「一回ぽっきり」の単視眼的な発想です。私は、母親を辞めさせる代わりに、「お店の壁紙を全部貼り替えて、キレイにしてはどうか」と指導をしました。

 金原社長は「うちのお店はピカピカなのに、どうして壁紙を替えるのか?」といぶかしく思ったようですが、壁紙は、汚れていなくても貼り替えるのが正しい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)




1日36万円のかばん持ち

なぜ、「かばん持ち」を体験すると、できる社長に変わるのか? 「3日で108万円の現場研修」を1冊にギュッと凝縮! 70人・1年待ちの予約殺到マル秘プログラム! 真実は現場にしかない! 指導企業600社超!15年連続倒産ゼロ! 自らも15年連続増収増益を続ける武蔵野の「経営の3種の神器」――【1.現場】【2.環境整備】【3.経営計画書】が読むだけで体感できる「オール・イン・ワン」ブック! 三流・二流・一流の分かれ目を「40の心得」として初公開! 三流は、「借金は悪」と考える。二流は「時には借金は必要」と考え、「すぐに」返す。一流は「とことん限界まで」借り、「なかなか返さない」。【特別付録】三流が一流に一夜にして変身!3日で108万円払った社長も知らない! 役立つ着眼点・習慣・秘録リスト24。連載では1年半に及んだ製作舞台裏インタビューと40の心得を紹介。
 

「1日36万円のかばん持ち」

⇒バックナンバー一覧