ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

20代社員が上司にタメ口をきいてしまう社会学的理由

ダイヤモンド・オンライン編集部
2016年2月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
20代社員に説教しても、ほとんど響いていませんよ!

 「最近の若者は、本当に理解できないわ~」

 バブル世代を中心とした40代の方々と話をすると、こんな話題になることが少なくありません。一方で、20代の若手社員に話を聞いてみると、

 「バブル世代のおじさんたちは、説教臭くていやになる」

 という声が聞こえてきます。このように会社では表面上、うまくやっているように見える今の20代若手世代と40代上司世代にも、耐え難いギャップが生まれているのです。

 お互いが本音を見せ合う機会はほとんどないかもしれませんが、本音を知れば、お互いのギャップを埋めるきっかけになるはずです。そこでダイヤモンド・オンラインでは、アンケート調査会社・ジーリサーチの協力のもと、『20代と40代の職場での世代間ギャップについて』のアンケートを実施(期間は1月27日~2月2日)。20代と40代の会社員100名ずつの声を聞くと、お互いがお互いを見下している?とも思えるような本音が見えてきました。

 今回は、「40代が感じる20代の若手社員とのギャップ」を中心に、なぜギャップが起きてしまうのか、その背景にある世代論を交えながらご紹介していきます(次回は、「20代から見た40代社員とのギャップ」を中心にご紹介します)。

先輩が忙しそうでも携帯ゲーム!?
40代の7割が“20代とギャップ”

 まず、40代の会社員100人に「職場で20代と世代間ギャップを感じるか?」を尋ねました。すると、「感じる」と回答した人が66%に上りました。20代に同じ質問をしたところ、70%が「感じる」と回答したことから、お互いに約7割がギャップを感じていることがわかります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧