HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

施設に馴染めない父親の介護で疲労困憊…
不眠症になった50歳独身男性の孤独

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]
【第24回】

父親の介護疲れから不眠症になるも
医師とボランティアのお陰で立ち直った
自営業Oさん(50歳)

1人暮らしの父親から突然の電話
「あそこにはもう絶対行かない」

 賃貸物件の斡旋とマンション管理会社を経営するOさんは20代で結婚、そして離婚。それ以来独身で50歳を迎えた。掃除など家事サービス付のマンションに住んでいるので生活には不便はないが、唯一の気がかりは、実家に住む78歳の父親だけだ。

 妻に先ただれてからずっと、田舎で1人暮らしを続けていた父親だったが、昨年骨折し、入院。それをきっかけに1人で家事をするのが難しくなった。病院を退院したあとは、老人ホームのショートステイやデイサービスセンターなどを利用しながら、何とか過ごしていた。

 そうしたなか、Oさんの携帯に突然、父親から電話がかかってきた。「帰ってきてくれ。もうあそこには絶対行かない」と。

 Oさんはその電話のあと、すぐに車を出して実家をめざした。「何があったのか」と気が気ではなかった。父親は寡黙で我慢強い。母の葬儀でも涙を見せなかった。葬儀の夜、Oさんに「仕事があるのだから、早く帰りなさい」と子供の仕事を気遣うような父親だった。

 その我慢強い、普段はまったく我がままを言わない父からの電話に不吉なものを感じた。毎日迎えに来てくれるデイサービスセンターの送迎バスの運転手さんとは顔なじみだが、Oさんは実際そこに行ったことがない。自分は父親が毎日そこで何をやっているのかを全く知らないことに改めて気づいて、愕然とした。

 翌朝、父親が杖をついて起き出してきた。「いつも何をしているの?」とOさんが聞くと、Oさんの父親は話をはじめた。

 「広間みたいなところでテレビをみたり、リハビリのための紙風船のバレーとか、絵手紙書いたり、歌を歌ったりするよ。あまり得意ではないけどね」

 さらにこう続けた。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

日々の仕事・生活の中で、知らぬ間に身体が蝕まれているビジネスマンたち。重大な病に陥れば、最悪の場合、死を招く恐れもあります。この連載では、そんな病気のサインを見逃さず、健康で過ごす秘訣をお伝えします。

「働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気」

⇒バックナンバー一覧