ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&Business
2016年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー

中小企業の経営者は、どうすれば
もっと思いのままに働けるようになるか

ニフティ株式会社 クラウド事業部 SMB事業推進部 坂柳裕亮氏

 大手と比べて中小企業のIT導入は遅れていると言われるが、実際のところはどうなのか。そうだとすれば、その理由は何か。ニフティで中小企業向けシステムの導入を技術面からサポートする、坂柳裕亮氏は次のように話す。

 「遅れているということはありません。中小企業の社長は、総じて情報収集に熱心です。例えば『こんなふうにITを活用して業務改善した』という話を聞いて、効果が期待できるようならすぐに導入するでしょう。その一方、そうした情報に触れなければ何が課題なのかわからないという面もあります」

 それもそのはず、中小企業には、すでにできあがったその会社なりの業務の仕組みが滞りなく動いている場合が多い。なので社長の頭の中は、どうしたら売り上げが伸ばせるかなど、常にビジネスに向いているのだ。

 中小企業の社長は自ら営業の先頭に立ち、昼夜を問わず外回りということも多い。またはいくつかの支店の間を行き来して、現場の管理と指導に明け暮れることもあるだろう。

 そんな多忙な社長にとって、掛けなくてもよい無駄な時間は省きたいものだ。例えば社内のシステムをそのまま支店や出先、自宅でも使うことができれば、わざわざ会社に戻る必要がなくなり、ビジネスチャンスを逃さずに済むかもしれない。従来そうしたことを実現するシステムは高価だったが、いまはクラウドの技術で低コストで簡単に導入が可能なのだ。「仕事の効率を劇的に改善してくれる仕組みがあることを知れば、中小企業の社長は積極的に導入していくでしょう」と坂柳氏は言う。

 下記からダウンロードできる資料では、坂柳氏が様々な現場で聞いた中小企業の業務の課題と、その解決方法がわかりやすくまとめられている。自社にもすぐ効く業務改善の進め方を具体的に知ることができる必見情報だ。

資料ダウンロードのご案内

従業員だけじゃない!
社長自身の働き方まで変わる
大手が採用する あの手この手を
中小企業で簡単に実現!


・中小企業の社長が頭の中で考えていることとは?
・「社長のテレワーク」が一番必要だ!
・リモートで外出先から社内へアクセス
・複数店舗の間をつなげば、仕事がうまく回る
・難しい設定不要で使えるVPN 他

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ニフティ株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

ニフティ株式会社

〒169-8333

東京都新宿区北新宿2-21-1

新宿フロントタワー

TEL:0120-22-1200(フリーダイヤル)




IT&Business

情報家電、インターネット、携帯電話などハイテク分野の最新ビジネス情報を提供するほか、ITを活用した新しい企業経営の姿を独自の視点で探っていきます。

「IT&Business」

⇒バックナンバー一覧