タイ 2016年4月5日

品質管理、語学能力、日本人の細やかさ……。
これまで手がけたビジネス経験のすべてをタイの介護ビジネスにバンコク起業家訪問ファイル 【第4回】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、タイの日本人起業家たちを訪問し、その苦労、楽しみ、成功の秘訣を聞いてみた。今回はタイ初の日本流訪問介護ビジネスを始めた赤熊佑太さんさんが登場。

FILE.004
Sakura Kaigo (Thailand) Co., Ltd.
赤熊佑太さん(Managing Director)

様々な事業に着手しているうちに思いがけない出会い

 大学の研究員としてタイでフィールドワークを手伝っていた赤熊さんは、内定していた会社を断り、商社の駐在員としてタイへ赴任した。24歳のときだ。

 コラート(タイ東北イサーン地方最大の都市。正式名はナコーンラーチャシーマー)にある工場へ出向しているとき、勤務先の商社がタイから撤退することになったため、業務を引き継ぐかたちで、2010年12月に現地法人Imm & Co., Ltdを設立する。

 その後、様々な事業に着手した。外国から部品を仕入れタイで組み立てる企業の品質管理の代行。専門学校や職業訓練校に日本語のカリキュラムを教師もセットにして提供するビジネスなどなど……。

「しっかり心をつかんでしまえば、あとは給料の額によらず働いてくれる人たち」とタイ人を評する赤熊さん。タイ語はまるでネイティブ。細かいことにまで口を出すため、タイ人スタッフから「外国人のタイ語は片言のほうがいい」と言われることがあるほど【撮影/『DACO』編集部】

 新しいビジネスのきっかけは2012年のタイの洪水だった。品質管理の受注が激減し下請けの立場を痛感した。好きなことをやりたかった。それがお酒。

 日本のお酒を愛する赤熊さんは自ら蔵元を訪ね、タイで日本酒のセレクトショップをやる手はずをつける。「高い商品だからタイで売るのは難しいが、対面販売するとけっこう売れる。見ず知らずの物でも体験していただき、かつしっかり説明する。そういう場所が欲しかったのです」。

 しかしその後、アメリカ系のベンチャー企業に自分も関わってゆくことを条件に事業譲渡した。新たな出会いがあったからだ。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。