ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法
【第5回】 2016年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
ビクター・チェン

戦略コンサル会社では、自力で問題を
解決できる人を、なぜここまで高く評価するのか

ここで、コンサルティング・ファームが、なぜ自力で問題解決できる人物を高く評価するのかを示す話を紹介したい。新刊『戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法』の中から、その内部事情を紹介しよう(翻訳:渡部典子)。

 ここで、コンサルティング・ファームがなぜ、自力で問題解決できる人物を高く評価するのかを示す話を紹介したい。

 マッキンゼーに入社してから3カ月後に、まだ22歳だった私は、ニューヨークに本社を置き、オハイオ州クリーブランドに小さな事業部門を持つクライアントとのプロジェクトに携わっていた。私を含めたプロジェクト・チームのメンバーは、普段はニューヨークで仕事をしていたが、私以外のコンサルタントはみな結婚して子どももいた。チームの全員が「(独身者の)ビクターをクリーブランドに送り込もう!」と言った。

 こうして、私はそれからの18ヵ月間をクリーブランドで過ごすこととなった。週4日はクライアントの社内に席を置き、他のチームメンバーが側で指導してくれることもほとんどなかった。上司に当たるプロジェクト・マネジャーがクリーブランドに来るのはせいぜい週に1回、それもたった1日で、それ以外の時間は私は完全に1人きりの状態だった。しかも、プロジェクト・マネジャーが現地に来る主な目的は、クライアントとの関係構築や重要な会議に出席することだった。

 ここで、このプロジェクトがどのような内容だったのかを紹介しよう。

 クライアントはフォーチュン500(訳注:『フォーチュン』誌が毎年発表する全米の売上高上位500社。全世界の売上高上位500社はフォーチュン・グローバル500で発表される)に名を連ねる企業の一事業部門だった。この事業部門の売上高は2億ドルで(フォーチュン500の企業としては小規模である。マッキンゼーの上級コンサルタントは、売上高で5億~9億ドルの事業部門を担当することが多い)、3~5年後までに部門の売上高と利益を倍増させるための方法を考えるというのがプロジェクトの内容だった。

 私が告げられたのはこれがすべてであり、それ以外の情報は何もなかった。かいつまんで言うと、「ビクター、ここに飛行機のチケットと従業員のリストがある。これを持ってクライアントのところへ行き、売上高を倍増させる方法を考えてきてくれ。それでは、2、3ヵ月後にまた会おう」といった具合だ。

 戦略コンサルタントにとって、このようなことはいつでも起こりうる。付け加えて言うと、私は当時まだ3ヵ月間の勤務経験しかないコンサルタントにすぎず、持ち合わせているスキルは、採用面接を受けた時点のそれと大差なかった。これをケース・インタビューの状況になぞらえるならば、インタビュアーは志望者を評価するときに次のように考えるのだ。

 「私はこの人をフォーチュン500の企業のところへ、指導者なしに1人で送り込むことができるだろうか。この人はクライアントとうまく接しながら、クライアントの問題を解決し、会社の評価を高めてくれるだろうか」。これこそ、コンサルタントがインタビューをしながら考えていることであるが、ほとんどの志望者はこのような視点を理解していない。

 インタビューにおけるコンサルタントの公式の役割は、志望者を採用するか否かを決めることだが、彼らは同時に次のようなことを考えている。「私はこの人を自分のチームに引き入れたいだろうか。この人が自分のチームにいれば、私の仕事は楽になるだろうか」

 別の表現をすると、インタビュアーは次のように自問自答しているのである。「この人はすぐに自力で問題解決ができる人材になってくれるだろうか。それとも、私が何年間もつきっきりで面倒を見ることになるだろうか」

 話を元に戻すと、クリーブランドのプロジェクトでマネジャーを務めていた上司は、その後マッキンゼーでパートナーとなった。最初のうちは、彼は週に2日のペースで私のところへ来て、おそらくは私が大きな失敗をしたり、彼自身や会社の評判を落とすようなことをしていないかを確認していた。

 しかし、私が1人でもうまくやっていけるのがわかってからは、仕事の多くを私に任せるようになり、クリーブランドへの訪問もせいぜい週に1日となった。

 そのぶん、彼はクライアント経営陣との関係構築や、現在のプロジェクトに続く新しい仕事の売り込み、他の事業部門の担当役員との人脈づくりといった、パートナーレベルの活動に時間と労力を割けるようになった。

 彼がパートナーレベルの活動に注力できるかどうかは、私(そして他のチームメンバー)が自分の力だけで問題を解決できる能力を持っているか否かと直接的に関係する。これこそがまさに、マネジャークラスのコンサルタント(インタビュアーでもある)が自力で問題解決できる人材を求める理由である。彼ら自身の出世が、それに大きくかかっているのだ。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ビクター・チェン

元マッキンゼーのコンサルタント。スタンフォード大学を卒業後、8つの戦略コンサルティング・ファームの面接を経て、マッキンゼー、ベイン、モニター、L.E.K.、A.T.カーニー、オリバー・ワイマンの6社からオファーを受け、マッキンゼーに入社。トップ10パーセントに位置づけられる実績を上げ、最年少で昇進、トップ・コンサルタントとして活躍すると同時に、多くの入社希望者を面接するケース・インタビュアーを務めた。現在は独立してInc.500リストに掲載される企業のCEOのアドバイザーを務める一方、コンサルティング会社への入社を目指す人々を支援する会社を経営している。世界100カ国以上の戦略コンサルタント志願者が注目するウェブサイト(www.caseinterview.com)を運営している。
 


戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法

マッキンゼー、BCG、ベイン、A.T.カーニーといった戦略コンサルティング・ファームに就職するためには、戦略コンサルティング・ファーム独特の面接方式である「ケース・インタビュー」の対策が欠かせません。世界100カ国以上のコンサル志望者の合格請負人である著者がその秘訣を指南します。

「戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法」

⇒バックナンバー一覧