ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1日36万円のかばん持ち
【第39回】 2016年5月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
小山 昇

質より「スピード」!
“テキトー”に1秒でも速く
決断する5つのコツ

1
nextpage

日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞(2001年度、2010年度)した
小山昇氏の新刊『1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得』から、小山氏に、「三流が一流に変わる心得」を紹介してもらおう。

★【三流】は、「損得ばかり考えて」決める
★【二流】は、「1週間かけて」決める
★【一流】は、「1億円の決裁を数分で」決める

小山 昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。
「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を毎年増収増益の優良企業に育てる。2001年から同社の経営のしくみを紹介する「経営サポート事業」を展開。現在、600社以上の会員企業を指導しているほか、「実践経営塾」「実践幹部塾」「経営計画書セミナー」など、全国各地で年間240回以上の講演・セミナーを開催。1999年「電子メッセージング協議会会長賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選最優秀賞」をそれぞれ受賞。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修(=1日36万円の「かばん持ち」)が年々話題となり、現在、70人・1年待ちの人気プログラムとなっている。『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』朝30分の掃除から儲かる会社に変わる『強い会社の教科書』(以上、ダイヤモンド社)、『99%の社長が知らない銀行とお金の話』『無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術』(以上、あさ出版)、『【増補改訂版】仕事ができる人の心得』(CCC メディアハウス)などベスト&ロングセラー多数。
【ホームページ】 http://www.m-keiei.jp/

小山 「島さんはよく『ちょっと考えさせてください』と言うけれど、私から言わせると、それは考えているうちに入らない」

「なぜですか?」

小山 「『体験の量』 がまだまだ少ないから。『考える』というのは、『体験から得たデータを頭の中から探してくる時間のこと』であって、体験をしていない人は、そもそも考えられない。多くの体験をしている人だけが『考える』ことができる

「小山さんの話が具体的なのも、体験事例やエピソードを話しているからですね」

決定の正しさは、悩んだ時間とは無関係

 「かばん持ち」をする社長は、総じて決断するのが遅い。「ああでもない、こうでもない」「どっちが得で、どっちが損か」とグズグズ考えてしまい、大切な時間を失っています。

 1時間で出した結論と、1週間かけて出した結論が同じなら、1週間という時間をムダにしたことになる。私は、決断に時間をかけません。即断即決です。

 カーポート佐々木の佐々木正知社長は、私を「機械仕掛けのアンドロイド」とたとえました。

 「上がってきた稟議書に対して、迷うことなく、承認、承認、承認……と、どんどん決裁していきます。処理するスピードが尋常ではありませんでした」(佐々木社長)

 株式会社プリマベーラの吉川社長は、私の決断に「恐ろしさを感じた」そうです。

 「私が『かばん持ち』をしていたとき、小山さんはビジネス電話システムの導入を即決したんです。1億円の決裁をものの数分で決めてしまうのですからね、それは恐ろしい人ですよ。小山さんが私よりも遅いのは、オシッコの時間だけですね(笑)」(吉川社長)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



1日36万円のかばん持ち

なぜ、「かばん持ち」を体験すると、できる社長に変わるのか? 「3日で108万円の現場研修」を1冊にギュッと凝縮! 70人・1年待ちの予約殺到マル秘プログラム! 真実は現場にしかない! 指導企業600社超!15年連続倒産ゼロ! 自らも15年連続増収増益を続ける武蔵野の「経営の3種の神器」――【1.現場】【2.環境整備】【3.経営計画書】が読むだけで体感できる「オール・イン・ワン」ブック! 三流・二流・一流の分かれ目を「40の心得」として初公開! 三流は、「借金は悪」と考える。二流は「時には借金は必要」と考え、「すぐに」返す。一流は「とことん限界まで」借り、「なかなか返さない」。【特別付録】三流が一流に一夜にして変身!3日で108万円払った社長も知らない! 役立つ着眼点・習慣・秘録リスト24。連載では1年半に及んだ製作舞台裏インタビューと40の心得を紹介。
 

「1日36万円のかばん持ち」

⇒バックナンバー一覧