ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

他社の撤退店舗に居抜き出店で急成長
その名も“ロードサイドのハイエナ”
エムグラントフードサービス社長 井戸 実

週刊ダイヤモンド編集部
【第119回】 2010年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
エムグラントフードサービス社長 井戸 実(撮影:Kiyoshi Takimoto)

 「この壁はぶち抜けるか」「厨房から客席へ料理はどう流す」

 7月中旬、埼玉県鴻巣市のロードサイドにある閉店した大手居酒屋。電灯がつかない薄暗い店内を、懐中電灯を片手に、間取りや設備を調べて回るエムグラントフードサービス社長、井戸実の姿があった。

 閉店したこの店舗の家賃が高いため、次の借り手が1年近く見つからなかった。そこで、地主が家賃を半額にしたところ、井戸がすぐさま飛びついたのである。井戸は30分足らずで契約を即決した。数ヵ月後には、同社が5月に始めた新業態店「とんかつ&サラダバーよしかつ」の3号店に生まれ変わる予定だ。

 ただし、居酒屋がとんかつ店になるといっても、実際に変わるのは店名と看板くらいのもの。

 じつは、同社のビジネスモデルは閉店した店舗に居抜きで入り、内装から設備、什器までもらい受けて、出店コストを徹底的に抑えるというものだ。

 閉店する側にすれば、居抜きで渡せば、店舗の原状回復費用を節約できるし、決して安くない設備や什器の搬出・保管費用も負担せずにすむ。

 かくて、閉店ラッシュの続いたファミリーレストラン、さらには焼き肉、回転寿司など、ロードサイドでの競争に敗れた店舗が次々と“餌食”になった。

 餌食にされた企業が井戸に付けたあだ名が「ロードサイドのハイエナ」。弱ったファミレスの肉を漁り、おいしいところだけ持っていくという意味である。

“ハイエナ”商法で
会社設立から4年で売上高140億円

 ハイエナのもう一つの武器が、ローコストオペレーションだ。

わが社はこれで勝負!
税込みで1000円強のステーキやハンバーグに無料でご飯、サラダバー、カレー、スープがおかわり自由で付くという破格の安さで人気を集める。店側はセルフサービスで人件費を抑えられるので、二者両得の関係になる仕組みだ

 同社が展開する主力業態「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」のメニューは文字どおり、ステーキとハンバーグに特化している。これを注文すると、ご飯、サラダバー、カレー、スープの食べ放題が無料で付いてくる。さらに、210円でドリンクバーも用意されており、客のほとんどは格安な食べ放題、飲み放題に驚き、喜んで注文する。

 これは裏返せば、メイン料理以外はセルフサービスで、人件費を大幅に縮小できることになる。大手ファミレスが多種多様なメニューを揃え、人手をかけるのとはコスト構造が違うのだ。

 一般に大手ファミレスが店舗建設費や入居保証金などで新店1店舗当たり約1億円を投じるのに対し、同社の平均出店費用は約600万円。さらに人件費も抑えられるから、当然、損益分岐点は同業他社より低くなる。

 「大手は平均で1店舗の月商が700万円を割ると赤字になるが、うちは600万円で採算が取れる。だから、大手が撤退する立地でも十分利益が出る」(井戸)という仕組みである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧