ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

普通の女子大生が売春!?女性の貧困はここまできた

2016年4月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
北条かや氏(左)と中村淳彦氏(右)が女性の貧困について語り尽くす

『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』(ミリオン出版)で中年女性の売春格差を訴える中村淳彦氏。社会学的見地から「女の業」を描いた初エッセイ集『こじらせ女子の日常』(宝島社)が話題の北条かや氏。2人の気鋭ライターが女性の貧困問題を考える。

貧困で激増する女子大生風俗嬢
「Fラン大学生」はハイリスク

中村 近年は有利子奨学金で貧困に陥る女子大生が問題になっています。女子大生の親の世帯収入が90年代後半に比べて3割くらい減っているなかで、奨学金を借りないと進学できない、学費が払えない、学生生活を維持できない子が増えている。現役女子大生が風俗でアルバイトするのも、当たり前の状況になっています。

北条 世帯収入で100万円くらい減っていますよね。貧困女子大生は私の友達にもいて、風俗はしていなかったけど、有利子の第二種奨学金を借りて、寮に入っていました。大手企業に就職できたから2年で返せたと言っていたけど、そういうケースはほんとに一部。彼女はいま、実家の親に仕送りをしているそうです。

中村 第二種奨学金の選考は、世帯収入で審査されるんです。日本学生支援機構に貧乏人と認められれば、借金できるという制度。一般の借金の審査と違って、貧乏だからお金が借りられるという、とんでもない仕組みです。

北条 すごいシステムですよね。卒業して新社会人になる頃には400~900万円の借金を背負っているという。

なかむら・あつひこ
1972年、東京都生まれ。アダルト業界の実態を描いた『名前のない女たち』(宝島社)、『職業としてのAV女優』(幻冬舎新書)、『日本の風俗嬢』(新潮新書)など著書多数。フリーライターとして執筆を続けるかたわら介護事業に進出し、デイサービス事業所の代表を務めた経験をもとにした『崩壊する介護現場』(ベスト新書)が話題に。近著に『ルポ 中年童貞』(幻冬舎新書)、『女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル』(朝日新書)など。最新作『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』(ミリオン出版)では「カラダを売っても生きられない」中年女性の売春事情を描いた。

中村 例えば東大や京大に入れる学力があるなら、奨学金で借金しても大手企業に入れば将来的には返済できるでしょう。ただ大卒の学歴が欲しいからとか、モラトリアム期間を過ごしたいからといった理由で、偏差値が低く就職が厳しい、いわゆる「Fラン大学」に行くのはリスクが高すぎます。18歳の子どもにとって、借金とか負債に対するリテラシーは低い。高校とかが借金するリスクをもっと説明しないと。

北条 地方のFラン大学はとくに厳しくて、地元で就職したいとなるとブラック企業も視野に入れなければなりません。社会的な評価が低い業種の会社ほど「夢を叶えよう」とか「従業員の笑顔が宝物」とか、美辞麗句で募集していますよ。

中村 企業の「ポエム化」ですね。大人とか社会が若者を綺麗な言葉で騙して、価値観をおかしくするみたいなことをやりすぎています。借金のリスク背負って大学に行くくらいだったら、高卒とか通信制大学でいいだろうって思う。奨学金問題は2004年に制度が変わって、そのときに奨学金を使って大学に入った人たちが、卒業して社会に出だした2010年くらいに、ようやく被害が明るみになって表面化しました。

北条 90年代後半からの新自由主義、ネオリベっぽくなっていった社会が、いまになって底が抜けている状態ですね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


JAPAN Another Face

白昼の世界からは窺い知ることのできない、闇の世界や夜の世界。日本社会の「もうひとつの貌」に迫る。

「JAPAN Another Face」

⇒バックナンバー一覧