橘玲の日々刻々 2016年4月11日

パリ、ベルギーの同時テロを起こしたISと
オウム真理教の共通点とは?
[橘玲の日々刻々]

 ベルギーの首都ブリュッセルの同時テロは、空港と地下鉄が標的となり34人が死亡、200人以上が負傷する大きな被害を出しました。直後にIS(イスラム国)が犯行声明を出し、実行犯がパリ同時多発テロとつながっていることも明らかになりました。

 私たち日本人にとって、ISという異様な組織を理解する手がかりはオウム真理教です。一般市民を対象とする地下鉄サリン事件を実行したからだけではなく、ISとオウムには、原理主義的な宗教団体がテロ組織に変容していく共通点があります。

 オウムは仏教系カルト教団ですが、日本の大多数の仏教徒はテロとはなんの関係もありません。「なにを当たり前のことを」と思うかもしれませんが、イスラーム系カルト組織であるISと一般のムスリムの関係もこれと同じであることを、私たちはおうおうに見失ってしまいます。

 それと同時にオウム真理教が、仏教を学びたい真面目な若者たちを引きつけていたことも事実です。

 釈迦(ゴータマ・シッダールタ)は2500年ほど前に悟りを説きましたが、仏教ではキリスト教やイスラームのような聖典は定めず、後世の解釈によって仏典が膨大に膨れ上がっていきました。そのなかでオリジナルにもっとも近いのは釈迦の言葉をパーリ語に翻訳したもので、上座部仏教(小乗仏教)としてスリランカやタイ、ミャンマーなどに伝わりました(南伝仏教)。それに対してサンスクリット語の大乗仏教は、釈迦の入滅から5~600年後の紀元前後に成立し、三蔵法師などによって漢字へと翻訳されたものが6世紀に日本に伝えられます(北伝仏教)。

 ここまでは仏教史の常識ですが、だとすれば「ほんとうの釈迦の教え」にたどり着くにはパーリ語で上座部仏教の経典を学ばなくてはなりません。これがオウム真理教の「仏教原理主義」です。

 いったん“仏教理解の最先端”を体験すると、日本の仏教はデタラメそのものでしかありません。出家した僧侶が妻帯・肉食・飲酒し、寺を子どもに世襲させるなどいうことは、小乗仏教はもちろん大乗仏教でもあり得ませんから、日本の仏教そのものが「破戒」なのです。

 オウム事件のとき、メディアは教祖の空中浮遊などを競って取り上げ、そのバカバカしさを暴こうとしました。しかしこれでは、なぜそんな荒唐無稽な宗教に若者たちが引き寄せられるのかを説明できません。

 日本の既成仏教は「あんなものが仏教であるはずはない」というばかりで、オウムの信者との対話を頑なに拒みました。その理由は、パーリ語も上座部仏教もまったく知らなかったからでしょう。

 こうしてオウムの「仏教徒」たちは、日本の葬式仏教を徹底的にバカにし、教祖と自分たちを絶対化するようになります。それが社会に受け入れられないと、自分たちが「(フリーメーソンに操られる)日本国家」の被害者だと考えるようになり、破滅的なテロへと突き進んでいったのです。

 テロ実行犯は社会からの脱落者かもしれませんが、組織の中核には「信仰」があります。武力によってISの領土を奪回できたとしても、「精神の領土」はずっと残りつづけるでしょう――残念なことですが。

『週刊プレイボーイ』2016年4月4日発売号に掲載

 

橘 玲(たちばな あきら)

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(ダイヤモンド社)など。中国人の考え方、反日、歴史問題、不動産バブルなど「中国という大問題」に切り込んだ『橘玲の中国私論』が絶賛発売中。最新刊は、『「読まなくてもいい本」の読書案内』(筑摩書房刊)●橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中) 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。