ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談:入社1年目の教科書
【第8回】 2016年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

入社1日目の「しくじり先生」から学べること/
人気20代ブロガー熊谷真士<後編>
聞き手:ライフネット社長 岩瀬大輔

1
nextpage

前回に続き、「スタバでダベる女子大生に対し畏敬の念を禁じ得ない」というというブログ記事が話題となった熊谷真士氏との対談。
先の記事は「はてブ(はてなブックマーク)」を中心に話題となり(2016年4月18日現在で1799 usersにブクマされている)、はてブ2016年1月の月間エントリー・第3位を記録、突如出現した、超人気ブロガーである。ブログの文体同様に破天荒だった入社1年目。そして、入社2年目で直属の上司から「読め」と渡された『入社1年目の教科書』。そこに書かれている意味が理解できたのは、仕事のやる気スイッチが入ってからだったという。
(撮影/佐久間ナオヒト、まとめ/編集部)

入社2年目で直属の上司から「読め」と渡された『入社1年目の教科書』。そこに書かれている意味がは、仕事のやる気スイッチが入ってからだったという。

岩瀬大輔(以下、岩瀬) 入社2年目になる頃に、上司から「期待していたのに、能力がなかった。もう君はダメかもしれない」と言われ、覚醒した。具体的にはどう変化したのですか。

熊谷真士(以下、熊谷) シンプルに、仕事に没頭しました(笑)。遅まきながら仕事に打ち込み始めたんです。社会人としての基本的な所作にも気をつけて、目の前の仕事をひたすらこなして、2年目の途中からは相当仕事を任されるようにもなりました。そのあたりから『入社1年目の教科書』の本に書いてあることの意味も何となく理解できるようになりました。

岩瀬 やればできるんじゃないですか。『入社1年目の教科書』の、例えばどんな点に学びがありましたか?

熊谷「頼まれたことは、必ずやりきる」「50点で構わないから早く出せ」は心掛けるようにしてましたねえ…。
 あと、仕事に没頭していると、結果として、「つまらない仕事はない」という感覚になっていきましたね。もう楽しいとかつまらないとかそういう感覚すら何もなかったです、仕事しかしていなかったので。懐かしいです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
統計学が最強の学問である[ビジネス編]

統計学が最強の学問である[ビジネス編]

西内 啓 著

定価(税込):本体1,800円+税   発行年月:2016年9月

<内容紹介>
累計43万部突破の超人気シリーズに、ついに文系でもわかる「実用書」が登場! 「ビジネス×統計学」の最前線で第一人者として活躍する著者が、。日本人が知らない「リサーチデザイン」の基本を伝えたうえで、経営戦略・人事・マーケティング・オペレーションで統計学を使う知恵と方法を詳細に解説します。

本を購入する
プレミアム白熱講座・第1回
(POSデータ調べ、9/18~9/24)


注目のトピックスPR


岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1998年卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て米国に留学。2006年ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国してライフネット生命保険設立に参画。2013年6月より現職。2010年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。 主な著書に『ハーバードMBA留学記~資本主義の士官学校にて~』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)、論文に「規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示」(「保険学雑誌612号」2011年3月号)などがある。


対談:入社1年目の教科書

「対談:入社1年目の教科書」

⇒バックナンバー一覧