ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1歳からみるみる頭がよくなる51の方法
【第21回】 2016年5月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士],久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

脳科学おばあちゃんの
紙ボールで、
緑を守ることを教える方法

1
nextpage
久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。
脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける“久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計36万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『0歳からみるみる賢くなる55の心得』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【株式会社脳研工房HP】 http://www.umanma.
co.jp/

「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏(83)と脳科学の権威・久保田競氏(83)注目の新刊『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』
ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』の続篇として、ついにリリースされた「1歳から感性豊かな脳を育む五感トレーニング」を、「脳科学おばあちゃん」にこっそり紹介してもらおう。

緑を守るための考えを
遊びを通じて伝える

 あるとき、子どもたちが、外で野球をして遊んでいました。

 幼稚園児3人、小学3年生ひとりというような仲間でしょうか。

 その中で思いがけずにホームランが出ると、さあ大変!

 わが家の雑草だらけのジャングルの中に落ちたボールは、子どもにはなかなか見つけられません。

 そのボールが行方不明になってしまうと、もうボールの補給ができません。

 そこで年長のお兄ちゃんに教えられて、チラシの紙をグチャグチャと丸めて、まわりをセロハンテープで押さえたり、紙粘土から小さな紙ボールをつくったりして、遊びました。

 紙ボールが見つからないと補給するので、私が草むらから紙ボールを探しだして渡さない限りボールの数が増えます。

 雨が降れば、あちこちにチラシの花が咲きました。
 そこで、私は、「では、紙ボールのつくり方を教えてあげる」と後日、子どもたちにつくり方を教えながら、紙の性質やインクの有害性、土の中での紙の腐敗率などを説明して、緑を守るための私の考えも伝えました。

 その話を聞いて、おませな幼稚園児は、「それで、おばちゃんのとこ、草だらけなのね」と。
 私が「雑草も緑よ」と言ったことに対する返答でした。

久保田 競
(Kisou Kubota)
1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

 こうして、チャンスを逃さず、子どもの興味のある話を、手作業をしながら伝えられたので、私の話も有意義なものとなりました。

幼児の脳はすばらしく、素直にどんどん頭に入れることができるのです。

大人は謙虚に子どもに対処しなければなりません。

 ましてや、わが子にすぐれた脳の持ち主になってほしい、望みが何であれ、人よりすぐれた子にという願いがあるなら、自分が今までにできたことやその過程での思い、貴重な体験を、わが子に一日でも早く教え、伝えることが大切です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士]

    1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は、日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。
    『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『天才脳を育てる1歳教育』『天才脳を伸ばす2歳教育』『赤ちゃんの脳を育む本』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

    久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

     

    1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

    【脳研工房ホームページ】
    http://www.umanma.co.jp/

     


    1歳からみるみる頭がよくなる51の方法

    36万部突破「カヨ子ばあちゃんシリーズ」の最新作!!1・2・3歳で伸ばす親はここが違う!感性豊かな脳を育む五感トレーニングを初公開!【脳科学おばあちゃんからの愛のメッセージ】これからの時代、日本国内で物事を考える「閉じた発想」では通用しません。世界中の子どもたちと伍して、いかに、創造的(クリエイティブ)な子にするかが問われます。歩き始めて1・2・3歳の時期は、「感性(五感)を磨く絶好期」! 自分から動ける子、創造的な子、勉強ができる子、スポーツができる子、おもいやりのある子、心の強い子、円滑な人間関係を築ける子、海外の人たちとも伍してやっていける子――実は、すべて感性(五感)がカギを握っています。今こそ、「日本式伝統育児法」で、日本人が本来持っている豊かな感性をみるみる開花させてください。日本人としての誇りを持ってください。

    「1歳からみるみる頭がよくなる51の方法」

    ⇒バックナンバー一覧