ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シネマClose-Up

『キャピタリズム~マネーは踊る~』
マイケル・ムーア監督

――金融資本主義の暴力性を暴いた自作をひっさげ初来日!

【第23回】 2009年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
小倉優子とマイケル・ムーア
花束贈呈に駆けつけた小倉優子と、東証のシリンダー前で

 1989年の監督デビュー作『ロジャー&ミー』でGM会長にアポなし突撃取材をして以来、アメリカの問題点を次々と取り上げてきたドキュメンタリー監督、マイケル・ムーア。『ボウリング・フォー・コロンバイン』で銃社会を、『シッコ』で医療保険を俎上にあげた彼の最新作が、金融資本主義に斬り込んだ『キャピタリズム~マネーは踊る~』。その公開を目前に控え、ムーア監督が初来日。11月30日に、資本主義の牙城ともいうべき東京証券取引所(東証)で、映画としては初となる記者会見を行った。

 ニコニコと柔和な笑顔を浮かべて現れた、身長191cm、タテヨコ共にかなり大柄なムーア監督。トレードマークのキャップに、いつもと変わらぬカジュアルスタイル……と思いきや、いきなり「私がなぜこういう格好をしているか説明させて」と切り出した。昨夜、入国したものの、なんとロストバゲージとなってしまったそうで、機内で着用していたパジャマ代わりのTシャツの他に着るものがなく、「相撲の力士の方々が行かれるお店があると聞き、そこで買ってきました」と明かし、「こんな格好で失礼します」と恐縮していた。記者席からどの航空会社か聞かれると、「日本の航空会社のひとつで、Jから始まりLで終わるほうです」と苦笑い。経営再建問題に揺れるJALとしては、大事な時期にミソをつけた形となってしまった。

 「私は、ニューヨークの証券取引所には、入ることすら許されていません。いろいろな作品で撮影許可をもらおうと思いましたがダメで、アメリカの大手新聞社が、ムーアと一緒に取材をするので入らせてくれと言ってくれたこともありましたが、それも却下されました」とムーア監督。「だから、今朝、東証で会見すると言われた時は冗談かと思ったけれど、何の問題もなくスンナリ入れて驚きました」と、初体験ずくしの来日に喜んでいる様子だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


シネマClose-Up

この週末、映画を楽しむのはいかがですか。今、話題の新作の主役インタビュー、新作映画情報などをお届けしていきます。

「シネマClose-Up」

⇒バックナンバー一覧