ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
超ロジカル思考 発想トレーニング

ガースナーの“賭け”がなければIBMの復活はなかった

高野研一 [コーン・フェリー・ヘイグループ 代表取締役社長]
【第8回】 2016年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo:Reuters/Aflo

 ガースナーは、マッキンゼー、アメリカン・エキスプレス、RJRナビスコ会長兼CEOを経て、1993年に倒産の瀬戸際にあったIBMにCEOとして就任した。これをIBMの側から見れば、はじめて外部から登用されたトップ、つまり“素人”ということになる。

 IBMはオープン化とダウンサイジングという、コンピュータ業界の環境変化に乗り遅れ、シリコンバレーを中心とした西海岸の起業家たちに、事業領域を侵略されていた。その結果、1991~93年にかけて累積で1兆5千億円を超える赤字を計上することになる。IBMは経営環境が根本的に変わる中で、新しい戦い方を習得できていなかったのである。

クラウドの時代を予測し
IBM復活を可能にした

 ガースナーはこうした環境変化の背景にある力を見極め、その先に続く業界全体の将来像を解明した。それが現在、我々が「クラウドの時代」と呼ぶ世界観である。それを解明したことが、IBMの復活を可能にした。つまり、玄人であるが故に見えなかった世界、あるいは見たくなかった世界を、素人のガースナーが解明したのである。ガースナーが当時考えていたことの多くは、実際これまでに実現してきている。

 モバイル端末の普及によりパソコンの売上が下がり出す、クラウドの活用が商取引や人の関わり方を変える、企業が水や電力を買うのと同じように情報サービスを買うようになる、国家の利益と市民の利益が衝突する時代が来るなどだ。いや、スティーブ・ジョブズと同じように、「未来を自ら創りだす」ことによって、自らの予測を実現したといえるのかもしれない。

 こうした新しい業界構造は、アップルやグーグルの台頭を促し、日本のエレクトロニクスメーカーに苦境をもたらすことになった。また、アマゾンのようなECサイトや、LINEのようなアプリの普及により、小売業や電話会社などにも大きな変化をもたらしつつある。

 ガースナーはIBMの再生に当たって、ふたつの大きな賭けに出た。ひとつは業界全体の方向性に関する賭けであり、もうひとつはIBM自身の戦略に関する賭けだ。

 前者については、先ほど述べたクラウド・コンピューティングの台頭である。あらゆる機器が端末としてネットワークにつながる。そして、クラウド(雲)の向こう側にある強力なコンピュータや、多様なソフトウェアを自由に利用できるようになる。その結果、端末の価値は低下する一方、データをやり取りするネットワークの価値が高まる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高野研一[コーン・フェリー・ヘイグループ 代表取締役社長]

たかの・けんいち/神戸大学経済学部、ロンドン・スクールズ・オブ・エコノミクス(MSc)、シカゴ大学ビジネススクール(MBA)卒。大手銀行でファンドマネジャーを経験した後、コンサルタントに転じ、マーサー・ジャパン取締役等などを経て現職。『超ロジカル思考』(日本経済新聞社)、『ビジネスリーダーの強化書』(日本経団連出版)、『勝ちグセで企業は強くなる』『グループ経営時代の人材マネジメント』(ともに東洋経済新報社)など著書多数。


超ロジカル思考 発想トレーニング

変化が激しく、先が見えない世界でビジネスを行う場合、ロジカルに最適解を求めようとしても出てこないことが往々にしてある。そうした「正解のない世界」を勝ち残ってきたビジネスの天才たちは、どのような能力を持っているのか。我々がロジックを超えた直観力を身につけるには、どうすればいいのか。

「超ロジカル思考 発想トレーニング」

⇒バックナンバー一覧