ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30
【連載第13回】 2016年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー

「数字を読む」とは、
「人の心を読む」ことである

1
nextpage

半径1メートルにも、数字はあふれている

 こんにちは。『99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30』の著者・深沢真太郎です。 

 本連載の第1回でお伝えしたように、数字に強い人の条件のひとつが「数字の裏まで読み解ける」です。

 そこで今回は「数字の裏まで読む」とは、いったいどういうことなのかを深めることで、数字に強い人とそうでない人のほんのちょっとした(でも、とても大きな)差をご紹介し、あなたが数字に強くなるためのエッセンスをお伝えします。

 まず、あなたの半径1メートルについて考えてみましょう。

 あなたのパソコンの中には、たくさんの数字(データ)が眠っているはずです。オフィスのデスク周りにも、たくさんの数字が保管されていることでしょう。

 スマートフォンにも、何かしら仕事に役立つデータが入っているかもしれません。朝刊にも、世の中がどうなっているかを教えてくれる数字もたくさん並んでいます。

 そう、読むための素材は、あなたの手元に十分過ぎるほどあるのです。

 だからこそ、私たちビジネスパーソンにとって大切なのは、それらの数字を正しく読み、そしてその「裏」に隠された真実まで読み解けるかどうかです。

 決して、たくさんのデータを持っていることが大切なのではありません。

「数字の裏を読む」とは?

 では、数字の裏を読むとは何か――ここで定義してみましょう。

表面上は見えてこない事実をあぶり出すこと

 これが、筆者の定義です。
 パッと見た瞬間は気づかないけれど、「よくよく考えてみると、その数字が意味するところはこういうことだ」と言及できることです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)




99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30

「数字に強くなりたい!」
あなたも、なんとなくそう思っているビジネスパーソンのひとりではありませんか。
でも、いまさら算数や数学の学び直しなんてしたくありませんよね。
実は、簡単になれる方法があります。
それは、日本でもっとも「数字が苦手なビジネスパーソン」を変身させている第一人者からコツや裏ワザを盗むこと。
どんなに数字にアレルギーを感じている人でも、アッサリ数字に強いビジネスパーソンに変身できる魔法のような裏ワザを大公開します。
 

「99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30」

⇒バックナンバー一覧