スマートエイジングライフ
【第5回】 2016年7月6日
ダイヤモンド・オンライン編集部
著者・コラム紹介バックナンバー

耳垢の湿っている男性はワキ臭が強い!?部位別ニオイ対策の新常識

部位によってニオイの種類も対策も違った!?

 全身から汗が噴き出すような季節がやってきた。少し外を歩くだけで汗をかく暑さのなかにいれば、ニオイも気になり、その対処に気を取られる人も少なくないはずだ。

 しかし汗なのだから、どこから出る汗も同じ、同じ対処法をとればいいと思ってはいないだろうか。実はそれでは汗とそれに伴うニオイに適切に対応できない可能性がある。なぜなら、体の部位によって汗の種類やそれに伴うニオイは大きく違うからだ。

男性の9割がワキ臭対策必要!
ワキ臭が強い男性、女性の特徴とは?

 化粧品メーカーのマンダムが18歳~68歳の日本人男性118名を対象に行ったワキ臭の調査(2006年8月)において、ワキ臭の強度を調べたところ、なんと臭わない人はゼロ。弱いワキ臭(何のニオイかは明瞭でない)が10%、中程度のワキ臭(何のニオイであるか明瞭)が54%で最も多く、強いワキ臭は33%、非常に強いワキ臭は3%という結果になった。つまり、デオドラント剤を使用した方が良い中程度以上のワキ臭の男性はなんと9割という結果だったのだ。

マンダム「腋臭の官能評価」(2006年8月)より

 しかも強いワキ臭の男性に、自分自身のニオイに対する意識を調査したところ、2人に1人は「はっきりと意識していない」ことが発覚。

 同調査によると、男性のワキ臭強度は10~20代で最も高く、30代以降は低下傾向にあることがわかったものの、どの世代もニオイに慣れてしまい、自分のワキ臭に気づかなくなっている可能性があるため、自覚がなくともケアは怠らない方がいいだろう。


40代からの男磨き スマートエイジングライフ

人生の折り返し地点を迎える40代。立場の変化だけでなく、体に起こる変化にも戸惑っている男性は少なくないだろう。この連載では、年齢を重ねるのが楽しくなる「スマートエイジング」な方法を提案、紹介していきます。

「40代からの男磨き スマートエイジングライフ」

⇒バックナンバー一覧