ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

インド経済は買いか売りか?商都ムンバイで見た成長持続の条件

週刊ダイヤモンド編集部
2008年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昨年、サブプライム問題を跳ねのけ、右肩上がりの上昇を続けたインド株。ところが今年に入って、外国人投資家の“利食い売り”で株価は急落。最近設定されたファンドには、基準価格が6000円台に下がったものも出た。インドははたして買いなのか売りなのか。商都ムンバイを訪れ、インド経済の今後を探った。

 BRICsの一角として、近年驚異的な成長を遂げてきたインド。サブプライム問題が表面化した昨年も、株価は一本調子で上がり続けた。ところが、今年に入って状況は一変。1月に外国人投資家は1300億ルピー(約3500億円)を売り越して、株価は10%を超える下げを記録した。サブプライム問題が深刻さを増した3月に入って株価は下げを加速。代表的株価指数であるSENSEX指数はピークから約25%減の1万0760.52ポイントにまで下落した(3月14日現在)。

 ただ、今でも、ファンドで1兆円近い残高を持つ日本の個人投資家の意欲は旺盛だ。「株価が下がったところで買いを入れている」(高橋庸介・ピーシーエー・アセット・マネジメント マーケティング本部長)と市場関係者は口を揃える。今は、絶好の買場か、それとも投げ売り時なのか――。

 人口1400万人を擁するインド最大の都市、ムンバイ。英国統治時代から続くインドの商業の中心地だ。株価暴落をよそに、街は繁栄の一途。街中の至るところが工事中だ。もっとも、油圧ショベルやクレーンなどの建設機械はまだ少なく、大半を人力に頼った道路、大型ビルの建設現場を目にすることができる。

 企業関係者を中心に日本との往来も増え、全日本空輸は昨年、廃止していたムンバイ直行便を全36席がビジネスクラスのビジネスジェットとして復活させた。事前購入でも往復40万円を超える席が、平均で6割も埋まっている。

5年間で一変した中産階級の生活水準

 7~9%の経済成長を続けた結果、2006年、インドのGDP(国内総生産)は日本円で100兆円超えを達成。この10年で一人当たりGDPは2.5倍(現地通貨ベース)になった。IT産業で働く従業員など、中産階級以上の所得はさらに増えている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧