橘玲の世界投資見聞録 2016年5月26日

かくして「新しいリベラル」と「新右翼(新しい人種主義)」は同類となった
[橘玲の世界投資見聞録]

 先日(5月23日)行なわれたオーストリアの大統領選挙で、欧州連合(EU)との協調を訴えた「緑の党」元党首のアレクサンダー・ファンダーベレンが、反移民政策を掲げる自由党のノルベルト・ホファーを破って当選を決めたが、その得票は50.3%対49.7%という歴史的接戦だった。各社の報道を見ると、緑の党のファンダーベレンを「左派」「リベラル」とする一方で、ほとんどが自由党のホファーを「極右」としていた。

 だがこうしたレッテル張りには問題がある。ヨーロッパにおける「極右」とは、ネオナチのような白人至上主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、ファシストの意味で使われるのがふつうだ。オーストリアは保守的な風土とはいえ成熟した民主国家だ。その大統領候補が「極右」では、まるでネオナチに乗っ取られるかのようだ。

 移民の制限を求めているからといって、自由党を「朝鮮人を殺せ」と連呼するヘイト団体と同様に扱うのは、オーストリアのひとびとへの侮辱以外のなにものでもないだろう。日本での報道では、オーストリア市民の半分は極右政党を支持する人種差別主義者だといっているのに等しいからだ。

 「自由党は旧ナチ党員を主な支持層として創設された」とか「1999年に国民党と連立政権を樹立したときの党首イェルク・ハイダーの両親がナチ信奉者だった」などと説明されるが、だとしたらA級戦犯やその弟が首相になったり、A級戦犯の孫が現役の首相だったりするどこかの国も「極右政権」「極右政党」「極右国家」ということになるだろう。

 同じ問題は、フランスの「極右」政党・国民戦線が大きく支持率を伸ばし、2017年の大統領選で党首のマリーヌ・ルペンが共和国大統領に当選する可能性すら出てきたことで顕在化した。1789年の革命によって「人権」を人類普遍の原理としたフランスが、人種差別政党によって支配されるとしたら、これは現代世界の枠組みを覆す大事件だ。

 だが私見では、国民戦線はフランス以外ならごくふつうの保守政党で、フランスの政治に「異常」なものがあるとしたら、フランス革命を国家の正統に据える共和主義の方だ。だから仮にマリーヌ・ルペンが大統領に当選したとしても、それはフランス社会の保守化を象徴する出来事ではあれ、フランスがナチスのような「人種差別国家」になることではまったくない。

[参考記事]
●フランスで「極右」政党の候補者が次期大統領有力候補になる理由
 

 私が読んだ範囲では、朝日新聞はこのことに気づいていて、自由党を「右派」、ホファーを「右翼候補」としていた。緑の党を「リベラル」とするなら、より政治的に中立な呼称は「保守派」だろう。いずれにせよ、安易な「極右」のレッテル張りや、イデオロギー的に偏向した報道は正した方がいい。

日本のメディアは「極右」と「右翼」の区別があいまい

 日本のメディアで「極右」と「右翼」があいまいなのは、ヨーロッパの「人種主義」の定義が混乱しているからだ。

 私たちがイメージする人種主義は、白人を優越民族、黒人を奴隷とする奴隷貿易時代(ヨーロッパでは「大航海時代」と呼ぶ)や植民地主義・帝国主義時代の人種観だ。こうした差別意識はアメリカでの人種対立に見られるように現在でも欧米社会に重くのしかかっているし、ほんの20年ほど前には、ユーゴスラヴィア解体にともなう凄惨な内戦で、昨日までの隣人が「セルビア人」「クロアチア人」「ボスニア人」などの「民族」に分かれ敵対する民族を皆殺しにしようとした。

 差別と暴力をともなう自民族中心主義(エスノセントリズム)はヒトとしての本性からくる宿痾(しゅくあ)で、こうした偏狭な主張を公然と行なう者が「極右」と呼ばれる。だがリベラルな社会では人種差別主義者はまともなひとから相手にされないし、社会に大きな影響力を行使することもない。これはフランスやオーストリアでも、日本でも同じだろう。

 だとしたら、フランスの国民戦線やオーストリアの自由党はなぜ「極右」のレッテルを貼られるのか。それは、彼らが独自の「人種主義」を主張しているからだ。旧来の自民族中心主義を「古い人種主義」とするならば、こちらは「新しい人種主義」だ。そして欧米のメディアは、「古い人種主義」を「極右」、「新しい人種主義」を「新右翼」と呼んで区別するようになってきている。

 2つの人種主義とはどのようなものか。ここでは畑山敏夫氏の『フランス極右の新展開――ナショナル・ポピュリズムと新右翼』(国際書院)によりながらその実態を見てみたい。なお本書は1997年の発売だが、20年たった現在でも(というか、移民問題でヨーロッパが揺れる現在だからこそ)読み返す価値がある。

 まず「古い人種主義」とは、植民地主義時代のイギリスやフランスに典型的な「自民族中心の普遍主義」のことだ。これまで何度か述べたように、アフリカやアジアの有色人種は「進化の途上にある者」「進化していない者」として、もっとも優れた人種であるヨーロッパ人の“善意”によって文明化されることになっていた。このグロテスクな論理では、白人は有色人種を訓育する義務(白人の重荷The white man's burden)を負い、有色人種はその献身に感謝しなければならない。あるいは、白人が有色人種を文明化するのは(キリスト教的な)愛からであり、有色人種も愛によってそれに応えなければならないのだ。

 当然、こうした人種主義はきびしい批判にさらされることになるが、当初抗議の対象となったのは「文明化」のダブルスタンダードだった。アフリカのフランス植民地で高等教育を受けた黒人(彼らは「エヴォリュエ=進化した者」と呼ばれた)たちは、完璧なフランス語を話し、繊細なフランス語の詩を書き、フランス人として完全な教養を身につけたとしても、肌の色を理由に「フランス市民」として認められなかった。ここから、「人権(ヒューマニズム)」を根本原理とする人種主義批判が生まれる。

 だがすぐにわかるように、人種差別を批判するリベラル(古いリベラル)の論理は、批判の対象である「古い人種主義」と通底している。人種主義者がダブルスタンダードを改め、「フランス人として“同化”した者は肌の色にかかわらず完全なフランス人になる」という普遍主義を徹底すれば、両者のちがいはなくなってしまうのだ。これが戦後のフランスの「リベラル」な立場で、移民に対する差別を禁じる一方で、移民にはフランス社会への「同化」が求められた。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。