フィリピン 2016年6月1日

フィリピン大統領はどのように選ばれるのか?
意外とたいへんなフィリピンの選挙

6年ごとに行なわれる大統領選は、フィリピン人にとって一大イベント。今年の選挙の様子を、元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する、フィリピン在住19年の志賀さんがレポートする。

 5月9日の統一選(大統領選)は、事前の支持率調査のとおりダバオ市長ロドリゴ・ドゥテルテ候補の圧勝に終わった。それから2週間、新聞では毎日、ドゥテルテ新大統領に対する期待の記事が掲載され、選挙前の批判・懸念の記事はほとんどない。巷の人々も民主的に選ばれた大統領ということで、まずは期待の目で見守ろうといういう声が多く、国民そして政財界が新大統領を受け入れた格好だ。

高らかに勝利宣言をするドテルテ候補

 一方、副大統領は現政権の信任を得た女性のレニ・ロブレド候補(現下院議員)が僅差で当選を決めたものの、対立候補で”独裁者”マルコス元大統領の息子フェルディウンド・マルコス候補(現上院議員)は選挙集計に不正が行なわれたとして追及の構えを崩さず、いまだ泥仕合の様相を呈している。しかし、悪あがきといった見方が一般的だ。

 その他注目すべきは、上院議員選挙でボクシング界の英雄マニー・パクヤオ(パッキャオ)候補(現下院議員)が12名の改選に対して第7位で当選を確定した。

 広域マニラの主要都市マカティ市長選では、ジェジョナール・ビナイ副大統領(今回の大統領選で敗北)の次女アビー・ビナイが当選したが、ベニャ候補(現市長)を支持する市職員が選挙に不正が行なわれたとして職場を放棄するなどの混乱が生じている。さらにフィリピンで初めてとなるトランスジェンダーのジェラルディン・ロマンがルソン島バタアン州から立候補し下院議員に当選した。

ビナイ大統領候補の邸宅【撮影/志賀和民】
ビナイ邸宅の対面は、それとはまるで正反対のみすぼらしい住居、富裕と貧困がとなりあわせというフィリピンの現実を象徴している【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。