ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
NEWS MAKER

伝説の投資家ジム・ロジャーズが語る!
「世界的な通貨危機不安が募る今、
次の本命はコモディティ市場だ」

【第21回】 2009年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界危機の足音が遠のきつつある一方で、さらなる景気後退観測も根強く囁かれている。金融市場は、この先どこへ向かうのか? 伝説の投資家として名高いジム・ロジャーズが、独自の相場観を披露する。「米国に代わる国は中国しかない」と主張し、アジアに移住した氏が今目を付けているのは、「コモディティ」だ。原燃料の需給逼迫と世界的な通貨危機不安を考えると、商品は確実に魅力的な投資対象になるという。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン 小尾拓也、撮影/宇佐見利明)

ジム・ロジャーズ
ジム・ロジャーズ/1942年生まれ。米国アラバマ州出身。エール大学、オックスフォード大学卒業後、ウォール街に就職。73年ジョージ・ソロスと共にクォンタム・ファンドを設立、驚異的な投資パフォーマンスで注目される。その後引退し、株式、債券、通貨、商品なをグローバルに手がける投資家として活躍。鋭い相場観で「伝説の投資家」の異名をとる。

――世界危機の足音が遠のきつつある一方で、さらなる景気後退観測も根強く囁かれている。金融市場の先行きは依然不透明だ。そんななか、世界的に有名な投資家の一人として常に名前が挙がるロジャーズ氏が、最も注目している市場はどこか?

 今後世界経済をリードして行くのは、間違いなくアジアだろう。私は1999年~2001年の3年間に、世界116ヵ国を旅行して、各国の現状をこの目で観察してきた。

 その中で、アジアのパワーには他を圧倒するものがあった。特に日本、中国、台湾、韓国など、アジアには信用力の高い国が多い。

 欧米人の多くは気づいていないが、世界中のカネやモノは、今やアジアを目がけて集まっている。裏を返せば、米国のように、借金まみれの国からカネが逃げ出すのは当たり前とも言える。必然的に、投資家も欧米からアジアに軸足を移している。

 私は投資家として、特に中国に興味を持っている。最近市場が過熱してきた新興国株は全て売ってしまったが、中国株だけは変わらず持ち続けている。好んで買っているのは、「水処理関連」銘柄だ。しばらくは、他の新興国株を買う予定はない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


NEWS MAKER

ニュースの裏に“人”あり。このコーナーでは、政治、社会、産業、企業経営の行方に影響を与える内外のキーパーソンのインタビューをお届けします。

「NEWS MAKER」

⇒バックナンバー一覧