ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座
【第9回】 2010年8月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田典子 [人材育成コンサルタント]

「もうダメかもしれない」と思ったときに使える!
何とか会話が続けられるテクニック

1
nextpage

「たとえばどんなことなのか」と聞いてみる

 会話をしていても、「なんだか話が続かないな」と思うことがあります。

 本当に話が合わない相手ということもあるかもしれませんが、少しばかり話しにくいからといって、「この人とは話が合わない」と思ってしまうのはちょっと早すぎます。根本的に話が合わない人というのは、そうそういるものではありません。

 話が続かないと感じるときに意外と多いのは、お互いが漠然とした話をしているので、会話が深まっていかないというケースです。

 たとえば次のような会話です。

A「新しい仕事どう?」

B「まあまあね」

A「そうか。どこの会社も同じようなものね」

B「そういうことね」

 これでは会話は深まっていきませんね。

 こうした大づかみの会話を深めるために役立つのが、コーチングの代表的なスキルのひとつである「チャンクダウン」という方法です。名前だけを聞くと、何かむずかしそうな感じがしますが、簡単に言ってしまえば「具体的にはどうなのか」聞いてみるということです。

A「新しい仕事どう?」

B「まあまあね」

A「まあまあなんだ。それっていい意味?」

B「そうでもないのよ」

A「どうしたの?」

B「ちょっと職場の雰囲気が堅苦しいのよね」

A「どんな感じなの?」

B「上下関係が厳しいっていうか……」

A「たとえば、どんなことがあるの?」

B「上司は絶対って感じで、給与明細をもらうときにもいちいち上司の席まで行って、お礼を言わなきゃいけないし、しかも、女性がお茶当番やゴミ当番を押しつけられてるのよ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



前田典子 [人材育成コンサルタント]

神奈川県生まれ。上智短期大学英語科卒。都市銀行、外資系銀行、人事コンサルティング会社勤務の後独立。企業向け能力開発、個人向けコーチングを行う。コミュニケーション、モチベーションが主な活動領域。著書に「強い営業店をつくる今日からやろうコーチング!」「女性力で強くなる」(近代セールス社刊)等。Keiビジネス


口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座

「口ベタを克服したい!」と悩んでいるビジネスパーソンは多いはず。しかし、口ベタは克服する必要はありません。なぜなら口ベタでもコミュニケーション力はつくからです。この連載では、そんな口ベタなあなたに合った画期的なコミュニケーション術をお教えします。

「口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座」

⇒バックナンバー一覧